野菜売り場で野菜を作って即売?! 驚きのスーパーマーケットが誕生

野菜売り場で野菜を作って即売?! 驚きのスーパーマーケットが誕生

元記事『This Texas supermarket is growing its own veggies in a shipping container farm.』:https://goo.gl/wVIm6k


 テキサス州にあるH-E-B社(本社ダラス)が多店舗展開するスーパーマーケットの中でも、特に健康志向が高い「セントラル・マーケット」のチェーン。この「セントラル・マーケット」がCEAアドバイザーズ社と提携し、店舗の中で野菜を作って、それを即売するシステム「Store Grown Produce(店舗育ち野菜)」を導入したことが話題となっている。

 これはグリーンテック・アグロ社が輸送コンテナを再利用して開発した室内野菜栽培システム「Growtainer」を、各スーパーマーケットの敷地内に配置することで実現した。環境と水量が自動制御された同社カスタムメイドの輸送コンテナの中には、LEDライトの下で480平方フィートの“畑”となるスペースが確保され、従来とは異なるメソッドを用いて短期間で野菜を栽培できるという。

 このシステムを全店舗で採用した「セントラル・マーケット」は、「どこよりも新鮮で安全、且つユニークな葉野菜やハーブをお客様にお届けするため」とコメントしている。地産地消のハイパー野菜、この動きが全米に広がるかどうか注目が集まっている。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 サービス




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。