気取らないのがカッコイイ! シリコンバレーのライフスタイル

気取らないのがカッコイイ! シリコンバレーのライフスタイル


前回の記事で「シリコンバレーは超カジュアル」という話に少し触れたが、今回はシリコンバレーの人たちのライフスタイルについて触れていきたい。

 当サイトで連載をされている竜氏の記事にもあるが、私の住むシリコンバレーの人の平均年俸は1,500万円 に近く、ミリオネア(億円単位の資産を持つ人)と呼ばれる人も普通にごろごろいる。ここではビリオネア(10億円単位の資産を持つ人)でないと、お金持ちとは呼ばれない。

 勤務先の企業が大きく成長したことで大きな株収入を得る者、超大手のIT企業に夫婦共働き、投資物件としてアパートメントの建物を持っている人なども多く、世帯収入が高い人が多い。特にエリア的に不動産需要が高く、地価が高騰している昨今では、投資物件保持者であれば家賃収入も右肩傾向にあり、そうした人はビリオネアまでいかずとも、かなり金銭的にゆとりを持っている。しかし、そういう金銭的にゆとりがある人たちが「さすがお金持ち!」と分かるような贅沢な行動をとることが少ないのが、シリコンバレーなのだ。

 “アメリカのお金持ち”と聞くと、豪華な家に住み、贅沢なインテリアに囲まれ、毎日オシャレな高級ブランドの服を着て、セレブリティを招いて夜な夜なパーティーを開く……、というイメージを抱く人が多いだろうが、シリコンバレーの人たちの生活はとてもシンプルだ。見かけだけでお金持ちかどうかを判別するのは、まず不可能である。街を歩いていても、お金持ちそうな風情の人(高級な時計やアクセサリーやブランドバッグを持っている……など)は見かけない。

 Google 、Cisco Systems、Intelなど超大手IT企業の重役レベルが多く住むリッチな住宅地のひとつにLos Altos Hillsと言う場所がある。私にもそこに住んでいる知り合いがいるが、彼はどこに行くにも、旅行先で購入したお土産Tシャツやトレーナーに、Costcoのズボンを履いている。理由は「楽で着心地がいいから」だそうだ。

 身なりに無頓着という点では、会社に出勤する服装がシャレている人もあまりいない。極端な例かもしれないが、つい先日Appleのキャンパスに遊びに行ったとき、ヒゲぼーぼー、髪は伸び放題にヨレヨレのTシャツ・短パン・サンダルという装いの人を見かけた。彼はMac Proを開いて何かをしていたので、恐らく社員なのだと思う。パソコンを持っていなかったら、正直、ホームレスに間違えられてもおかしくないような装いだった。ちなみにAppleの社員たちはチラリとも彼を見ず、普通に通り過ぎていたので、同社ではそれほど珍しい装いではないのだろう。日本では考えられないような服装でも、実力があり、しっかり仕事さえすれば、周囲もそれを特に「気にしない」ということだ。

 そんなシリコンバレーで、最近多くの人たちがこぞってお金をかけているのが環境関連商材だ。ここ数年は、空気を汚さない電気自動車を買ったり、クリーンパワーとなるソーラーパネルを家に取り付ける人が増えている。普通の自動車よりも電気自動車の方が高価だし、ソーラーパネルも高価な割りには大して電気代は安くならないため、これらは贅沢品といえる。また、昨年までカリフォルニア州は水不足だったため、「Brown is the new Green(茶色は新しい名の緑化)」というスローガンを掲げて節水に励んだが、それに協力するため、緑の芝生の代替として庭に乾燥に強い植物を植え替えたり、石を使ったロックガーデンを改造する人たちも多かった。シリコンバレーの人々は、こういうことにお金を使うことにおいては、極めて積極的だと言える。つまり、お金に余裕があっても、家や自分自身を豪華に飾り立てるのではなく、環境に配慮したものにお金を費やすことが、シリコンバレーでは「粋」なのだ。

 シリコンバレーの人たちは、とにかく見栄を張らない。むしろ、見栄を張らないことこそがカッコいい。見栄を張らない分、本質を突いた生き方や考え方をしている人が多いように思う。周りを気にしながら生きてきた日本人の私は、当初は面喰うことも多かった。事実、「ザ・シリコンバレー・エンジニア」の本質重視の夫とはよく衝突もした。しかし、この気取らない生活に一度慣れてしまうと、自分らしくいられるので非常に楽と思えるようになった。

 観光でサンフランシスコに来る際は、もう少し足を伸ばして是非この見栄を張らない、自由な雰囲気のシリコンバレーを実際に感じてみて欲しい。カジュアルで、リラックスした雰囲気ながらも世界的に業績を上げ続けている理由を体感すれば、良い意味できっと衝撃を受けるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。