アメリカの大学受験:審査基準は人間力

アメリカの大学受験:審査基準は人間力


 アメリカの多くのティーンエイジャーにとって、大学受験は最も大きな関心事であり、目標だ。日本でも大学受験は高校生が乗り越えなくてはならない大きな壁だが、アメリカと日本の大学受験のシステムは大きく異なる。私はこのシステムの違いが、今の両国の若者の在り方に大きく影響していると思っている。

 日本で大学受験といって思い浮かぶ言葉は「センター試験」、「予備校・家庭教師」、「夏期講習」、「赤本」、「浪人」などだろう。学校よりも予備校。睡眠よりも単語の暗記。夏は毎日塾通い。試験は一回きりだから、一発勝負を完璧にするために「その時にどれだけ点数をとれるか」を焦点にした勉強が主流だ。これは私の勝手なイメージもあるかも知れないが、日本の受験生はものすごいストレスとプレッシャーを感じながら日々を過ごしていると思う。韓国や中国でもその傾向があるという話も聞いている。

 しかし、アメリカの審査基準は、ひとつの試験に委ねられるものではないので、一発勝負というわけにはいかない。審査内容は主に5つ。学校の成績、小論文、大学進学適性試験、履歴書、そして推薦状だ。学校の成績はGPA (Grade Point Average) というもので計られる。通常GPAの最高ポイントは4.0 で、大学の成績評価においても同様な測定方法が用いられている 。さらに重要なのは、どんな内容の授業を選択しているかだ。簡単な授業ばかり受けていないか、ちゃんとチャレンジして難しい科目を受けているのか。そこを大学側はしっかりと見ている。

 大学を受験する際には通常、高校4年間 (9年生から12年生)の成績を提出する。その4年間での個人の成長にも重点が置かれ、たとえば、9年生の時の成績がどんなに悪くても、12年生までに成績がグンと上がっていれば、「この子は成長力の高い生徒」だという良い印象に繋がる。もちろん選択した授業の難易度も影響するが、最初は良かったのに最後で成績が落ちていると、怠けた結果だと思われることもあるという。

 2つ目の小論文は、大学が成績の次に重点を置いている項目だ。この小論文(英語ではエッセイ/Essay)は、その年によって変わるテーマに答える形式で、650単語以内にまとめなければならない。与えられるテーマは例えば、"Recount an incident or time when you experienced failure. How did it affect you, and what lessons did you learn?”(今までの人生の中で失敗した経験をひとつ話してください。その失敗はあなたにどのような影響を与え、その経験からあなたは何を学びましたか?)など。650単語で答えるには、なかなか難易度の高いテーマばかりだ。さらにその中に自分の性格や志をわかりやすく、且つ読み手の心に訴えかけるような文章で書かなくてはならない。私の場合は、英語の先生と何度もミーティングを重ねて、1カ月半かけて完成させた。

 3つ目の大学進学適性試験とは、SAT(Scholastic Assessment Test)またはACT(American College Testing)というテストのこと。SATには主に英語と数学のパートがあり、年に数回、同じ日に世界中の国で開催される、合計3時間から4時間の試験だ。アメリカ人にとっても難しいテストなのだから、英語が母国語ではない私たち留学生が苦戦するのは言うまでもない。平均12分の間に大学レベルの難しい読解問題を解くのは時間との戦いでもある。ACTは、このSATに理科を追加したようなテストだが、読解問題などは少し簡単になっている。

  4つ目の履歴書、いわゆるレジュメは「教室の外でどんな活動をしてきたか?」、「夏休みは何をして過ごしたか?」という個人的な活動について問われる。クラブ活動や課外活動について書くのは当たり前だが、それに加えてリーダーシップ・ポジション、受賞したアワードなどを記すこともできる。大学側は履歴書を通して、この生徒が勉強以外にどんな活動をしているのかを審査するのだ。

 例えば成績はトップだが履歴書に欠ける生徒と、成績はトップレベルではないが、サッカー部のキャプテンで夏にはボランティアをしている生徒を比べると、圧倒的に後者の方が人間性の評価が高くなる。もちろん大学にもよるが、「成績は良いが、他にできることがほとんどない」という生徒は、なかなかトップ大学に合格することは難しいのだ。

  最後は推薦状。英語で言うこのレコメンデーション・レターは、学校の先生に書いてもらうのが必須。オプションとして、その生徒をよく知る学校外の人物からの推薦状も提出することができる。これは他者からその生徒がどう見られているかをみるもので、エッセイや履歴書とは異なり、客観的な視点でその生徒を判断することができるのが、推薦状の大きな役割のひとつだ。

 ここまでアメリカの大学受験に必須となる項目を説明したが、私がここで一番伝えたいことは、その詳細についてではない。アメリカの大学が、いかに若者の「人間力」を審査するか、についてなのだ。受験審査に学校の成績が含まれているので、毎日ちゃんと学校に行って大量の宿題をやり、自分がチャレンジできる授業を率先して受講しているかは一目瞭然だ。エッセイの審査では、その人の持つ社会性、インスピレーション、問題意識が問われる。履歴書のクオリティーを上げるためにスポーツチームに入る、休みの時にはボランティア活動やインターンシップに積極的に参加する、学校で同好会を自ら立ち上げてみる、先生たちと良い関係を築くことなども重要だ。一発勝負の受験ではないからこそ、多方面において人間力、行動力を高めることが、アメリカの大学受験の成功の鍵なのである。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。