米空軍の無人宇宙船が2年のマル秘任務を終えて帰還

米空軍の無人宇宙船が2年のマル秘任務を終えて帰還

引用元『Unmanned U.S. Air Force Space Plane Lands After Secret, Two-Year Mission』:https://goo.gl/ZPDQxg


米空軍によると、同軍の実験的な無人宇宙飛行船X-37Bが、内容は公開できない2年間の任務を終え、5月初旬にフロリダ州にあるNASAのケネディー宇宙センターに着陸したという。X-37Bはボーイング社製で、ミニチュアサイズの宇宙船に似ており、2015年5月にフロリダを出発した。同機は軌道にいた約700日間に米空軍が指揮管理する数々の実験を行なったとされる。4度目となった今回のミッションについて同軍は、「宇宙航空機技術を再利用するためのリスク削減と実験、オペレーションのコンセプト開発」と詳細は明かさず、実験に掛けられた総額も公開されていない。空軍は今年の後半には5度目のX-37Bミッションを予定している。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


宇宙 NASA




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。