NASAはまだ異星人を見つけていない

NASAはまだ異星人を見つけていない

引用元『No, NASA Hasn't Found Alien Life』:https://www.space.com/37312-nasa-alien-life-anonymous-video.html


 先日、ハッカー集団「アノニマス」が、NASAが地球以外の星に生命体があることを発表する直前だというビデオをYouTubeにポストして話題になったが、事態を収拾するべく、NASAのトーマス・ズーブッケン科学観測本部長がツイッターで「一部の報告に反して、地球外生命体に関してNASAが発表を控えている事実はありません」と、噂を否定するコメントを出した。

 「アノニマス」がYouTubeに公開した動画は、NASAの最近の調査活動と今年4月の米下院科学宇宙技術委員会の公聴会でズーブッケン氏が発言した内容を引用したもの。「NASAは人類が宇宙に異星人の存在を発見する日が迫っており、これまでに行ってきた様々なミッションを考慮すると、歴史上はじめての大発見となる日が近い」という内容だった。確かにNASAは土星の衛星エンケラドゥスや惑星系トラピスト1など人類が居住できるかもしれない土地を発見しているが、これらはまだ可能性の一握りで、調査の初期段階に過ぎない。また「すでに証拠がある」としているアノニマスの解釈と、ズーブッケン氏が公聴会で発言した「その寸前」という意味の発言には大きな差がある。

 ズーブッケン氏はその後、「宇宙には我々しかいないのか?それはまだ分かりませんが、この本質的な問いに答える手掛りになるかもしれないミッション(観測)を進めています」とツイートしている。もしかしたら、NASAが異星人を見つける日は意外と近いのかも知れない。

NASAに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


NASA アノニマス Youtube




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。