アメリカでウケる日本の意外なモノ① 消しゴム

アメリカでウケる日本の意外なモノ① 消しゴム

アメリカの子供たちの間で、秘かに人気を集めている「IWAKO」という名のおもちゃがある。子供たちがねだる「IWAKO」とは何なのか。大人は知らなくても、アメリカの小学生の多くが普通に知っている商品らしい……。


 この「IWAKO」は、実はおもちゃではない。正確にいうと「消しゴム」だ。しかも、日本でもよく見かけられているはず。なぜなら「IWAKO」とは消しゴムの名称なのではなく、日本の消しゴムメーカー、株式会社イワコ―のことなのだ。つまり、この商品は日本製なのである。

 株式会社イワコ―が販売する消しゴムのシリーズは、アメリカでも非常に人気が高く、最近はコレクションする子供たちも増えているという。犬や猫などの動物、果物やケーキなど食べ物の形をしたものなどがあり、アメリカ製にはない細やかで可愛いらしい造りが、アメリカの子供たちの心を虜にしている。ほとんどのアメリカ人の子供たちは、この商品を消しゴムとしては利用しない。あくまで、小さな「フィギュア」として楽しんでいるようだ。文具コーナーに置いてあるよりは、おもちゃ屋、あるいは書店での扱いが主流ということもあって、そもそも「これは、消しゴムだ」と認知していない子供も多いと推測される。

 ちなみにアメリカの子供たちの発音は「イワコ―」ではなく、「イワコ」に近い。そして、「ワ」に強いアクセントがつく。IWAKOは、たいていは店のレジ横に置かれている。値段も数ドルということで、子供たちも親におねだりがしやすい値ごろ感だ。通常、とても目立つところに陳列されているので、自然に子供たちの手が伸びる。しかし、アメリカには類似する消しゴムを展開するメーカーはIWAKOだけではなく、日本製以外にも韓国製、中国製の消しゴムもいろいろ出ている。そんな中で、どうして子供たちは「IWAKO」という名称だけを覚えているのだろうか? その秘密は、パッケージにある。なんとこの商材、パッケージの商品名部分が日本語のままなのだ。

 普通に考えたら、アメリカで売るならばパッケージ、特に商品名は英語のほうが親切だと思うだろう。それなのにIWAKOの商品にはデカデカと日本語で「日本製」という文字とともに「動物くんけしごむ」、「雪だるまけしごむ」などの文字が並んでいるのだ。でも、この場合、それがプラスに働いているように思う。なぜなら日本製で、特に雑貨類などに関していうと、間違った英語やアメリカではありえない表現をパッケージに採用してしまったために、意味不明になっている商品が少なくないからだ。これをあえて日本語で商品名を書いたパッケージのままで押し通したことが、このメーカーの商品認知にプラスに働いていることは間違いないだろう。

 日本では広く使われているカタカナ英語を使ったり、ネイティブでない人が行なったとしか考えられない英語訳が入ったパッケージよりも、「そのまま」というのは、直球勝負で潔い。どのパッケージにも、これが消しゴムだとわかる「Eraser」という控えめな文字と、それよりずっと目立つロゴ使いの「IWAKO」の文字くらいしかアルファベットは使われていないため、アメリカの子供たちはそこしか見ない。よって、本当は消しゴムなのに、社名の方が自然に子供たちに認知され、親しまれるようになったのだ。

 同社がそれを最初から意図したかどうかは分からないが、結果としてマーケティング的に成功した売り方となった。すべての商材のアメリカ販売において、この手法が通用するわけではないが、少なくとも「IWAKO=おもしろ消しゴム」という図式で広くアメリカで認知された理由は、「日本語のままのパッケージ」のおかげだろう。

IWAKO HP:http://www.iwako.com/IWAKO/index.htm

起業に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。