アメリカで人気のアプリ「Sleep Cycle」

アメリカで人気のアプリ「Sleep Cycle」


 日常生活を問題なく送るためには、身体的、精神的なエネルギーの両方が必要である。そして、その二種類のエネルギーに影響を及ぼすのが睡眠だ。睡眠がよくとれなかった翌朝のだるさを思い出して欲しい。あの鈍ったようなイヤな感じは、誰だって避けたいだろう。
 アメリカで流行っているアプリは“生活のクオリティーを高めるアプリ”が非常に多いが、現在なかでも寝不足を改善するアプリを活用する人が増えているのだ。

 睡眠関連アプリの中で最も使いやすく、かつ生活改善をしてくれるお勧めのアプリは「Sleep Cycle(スリープ・サイクル)」だ。スウェーデンのアプリ開発会社、Northcube ABが作ったもので、睡眠のリズムを図り、利用者にとって最も起きやすい“最適な時間”に起こしてくれる優れものだ。

 睡眠には、二つの基本的な要素がある。それは睡眠時間の長さと、睡眠の深さ(浅深)だ。たっぷりと睡眠時間をとることを心掛ける人は多いが、深い眠りと浅い眠りのメカニズムを知り、良質な睡眠を心掛けるのは、なかなか難しい。例えば長い時間ベッドで寝ていても、あまり気持ち良く起きられなかったことはないだろうか? あるいは長く寝たはずなのに、起きた後にずっと体がだるかった経験はないだろうか? こうしたことが起こるのは、睡眠が深い時に起きてしまったことが理由だ。だから、このアプリの必殺技とも言うべき「睡眠が浅く、起きやすい時に起こす」のは、かなり画期的なのである。

 Sleep Cycleの目覚まし機能の使い方は、とても簡単だ。まず、アプリに起きたい時間を設定する。そして、スマートフォンをベッドの近くに置いて寝るだけだ。その後、Sleep Cycleが、あなたが起きたい時間に一番近く、なおかつ睡眠が浅いタイミングで起こしてくれる。例えば朝6時に目覚ましをセットした場合、その前後の睡眠の浅さのピークが5時50分だった場合、Sleep Cycleがそれを把握した上で目覚ましが5時50分に鳴ってくれるのだ。

 同アプリが各自の最適な起床時間を設定できる理由は、寝ている間の動作、いびきや睡眠中の音などの分析によるもの。これらの要素をアプリが計算し、睡眠が浅い時間帯を導き出すのだ。このアプリを使うと、朝にすっきり起きられることが、すぐに実感できる。一カ月間、このアプリを使用してみた個人的な感想は、まず本当に毎日気分爽快に起きられるようになった。そして、起床時間のみならず、自分の睡眠のパターンをより理解できるようになった。私の睡眠時間は平均6時間だが、今までは6時間の睡眠では「睡眠時間が足りない」と思うことが多かった。ところが、このアプリ導入後は実際に寝ている時間は変わらないのに、睡眠の質が明らかに向上し、寝不足を感じることは少なくなった。

 睡眠の質を最適化するためのツールのひとつとして、是非一度このアプリを使ってみてほしい。なお、睡眠中に届くメッセージなどに邪魔されないよう、眠る前には機内モードに設定しておくことも加えてお勧めしたい。

■「スリープ・サイクル」:https://www.sleepcycle.com/

健康に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング