下心ご法度! コミュニケーション能力を磨く、清く正しい「触れ合い」

下心ご法度! コミュニケーション能力を磨く、清く正しい「触れ合い」

アメリカでは時々、日本では考えられないような不可思議なビジネスが流行ることがあるが、EDUCO Inc.が提供するBuddle Partyも間違いなくそのひとつだろう。アラバマ州に本部を置くこの非営利教育機関が提供する一風変わったサービスとはどんなものなのだろうか?


 2004年にアラバマ州政府の認可を受け、現在も非営利団体として活動を続けている教育機関EDUCO Inc.。この機関が提供しているのは、コミュニケーション能力向上のためのプログラム「Cuddle Party」だ。すでに設立から10年以上が経過しており、プログラムの普及事業は順調に伸びているという。現在はアメリカ国内の他にも、カナダ、オーストラリア等に支部がある。

 「教育機関が提供するコミュニケーション・プログラム」とはいうものの、その内容はとても一般的とはいえない。まず、受講生は全員パジャマ、あるいはその代わりになるような完全にリラックスできる服を持参しなければならない。それだけでも一風変わっているが、集まった生徒たちが最初に行うことは、ひたすら長い世間話である。プログラムの名称に「Party(パーティー)」という名がつくだけある。美味しいおやつをつまみながら自己紹介をし、受講生らはゆっくり会話を楽しむわけである。「それでは単なる遊びの集会ではないか?」と思われるかもしれないが、それには意図がちゃんとあるのだ。

 受講生同士が完全に和んで、緊張がほぐれた頃にいよいよ本格的なプログラムが開始。プログラムは同機関が認定した専門のトレーナーによって進められる。生徒たちが完全に和まなければならない理由は、このプログラムの大きな特徴のひとつが「知らない者同士が抱き合うこと」を必要としているためである。

 このプログラムは心理療法を目的とするものではなく、あくまで「コミュニケーション能力」を高めるためのものだ。社会で健全な人間関係を保とうとすれば、一定の境界線を第三者との間で維持することは必要であろう。しかし、ストレス過多の現代社会においては、そうした境界線こそが自らを常に緊張した状態に追いやってしまう原因にもなっている。この機関が着眼したのはそこだ。他人同士が限りなく境界線をつくらず、本音で真摯なコミュニケーションを図るためにデザインされたプログラムの中心にあるものこそが、抱擁なのだ。

 このプログラムは、「大人がコミュニケーション、境界、愛情を探求するように設計された遊び心のある社交イベント」である。出席者が出会い、新しい人と話をしたり、双方同意のもとでマッサージしあったり、抱きしめあったりすることが最大のウリなのだ。見知らぬ人と抱き合うというのは、かなり奇抜なコンセプトではあるが、性的ではない接触によって自分の考えを表現すること、自分が欲するものを伝えること、相手の求めに同意したり、ときには相手が傷つかないような方法で拒否することを学ぶことは極めて重要であり、現代社会における円滑なコミュニケーションには不可欠だというのが、この団体の主張なのである。

 特に家族と離れて一人暮らしの人や、恋人がいないような人は、人と抱きしめ合うことが絶対的に生活の中で欠如している。そうした人こそプログラムに参加してほしいと、この団体は呼びかけている。

該当企業のHP:http://www.cuddleparty.com/

この記事の寄稿者

関連する投稿


投資の真の醍醐味は自分の夢を「現実」のものにすること

投資の真の醍醐味は自分の夢を「現実」のものにすること



セルフレス(無私)の境地を手に入れる

セルフレス(無私)の境地を手に入れる


アメリカで成功する日本人の共通点

アメリカで成功する日本人の共通点


世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果

世界で最も人気が高い出会い系アプリとその効果






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。