「Google HOME」等、AIスピーカーで変わるアメリカ。アップル参入で激化か

「Google HOME」等、AIスピーカーで変わるアメリカ。アップル参入で激化か


 アマゾン社がアメリカで初めて音声でコントロールできるスピーカー「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」を発売したのは2014年。昨年、アップデート版が発売され、対抗馬のグーグル社も「グーグル・ホーム(Google Home)」を発売した。AI(人工知能)スピーカー市場は現状アマゾンのエコーが70%を獲得して独走しているが、今年12月に発売予定のアップル社「ホームポッド(HomePod)」が参入すれば、市場に動きが出るだろう。

 この3社のAIスピーカーは共に、起動のために必要な「ウェイクワード(wake word)」を聞くと人間の音声コマンドに反応する。AIスピーカーのユーザーは年々増え続けているが、日々どのような使い方をしているのか、アマゾン・ドットコム本社があるシアトルでユーザーたちの声を拾ってみた。


■地元シアトルのユーザーたちの反応は?
 AIスピーカーのユーザーたちの感想は「便利だし、かなり楽しい」というエキサイティングでポジティブな声と、「便利だけれど、常にデバイスに会話を聞かれているのは不安」という、プライバシーの保護を心配する声が、見事に半々である。

 AIスピーカーという商品において、「プライバシーの保護」は当初から争点のひとつだ。ウェイクワードを伝えるまで録音は開始されないものの、自分たちの会話が「常にデバイスに聞かれていること」を、「非常に不快」だと感じている人が多い。なかには「政府がAIスピーカーをコントロールすれば、国民が家で何を話しているかが簡単にスパイできる」というジョークすら飛んでいるが、デバイスさえ各家庭に設置できれば、技術的にはそれほど難しいことではないだろうと考える人が多いのは、諜報国家のアメリカならではかも知れない。ただ、そんなことがたとえ起きても、ユーザーがその詳細を知ることは一生ないだろうから、「不快だ」と思う声が挙がるのは当然であろう。

 しかし、そんなに心配していながらも、 「アマゾン・エコー」または「グーグル・ホーム」を入手したユーザーは、それを自宅で「毎日、使用している」というのだから、慣れとは恐ろしいものである。

 AIスピーカーのユーザーのほとんどは、すでに「Hey Siri」や「OK Google」というウエイクワードで音声検索ができる機能付きのスマートフォンを持っている。それなのに、なぜ「わざわざ高いお金を払ってまで、設置用のAIスピーカーを買うのか?」という質問に、男性ユーザーの多くが「スマホをどこに置いたか、探すのが面倒だから」と回答している。

 常にスピーカーを使用する理由は「楽しいから」という素直な声が多かったが、それよりも自分が思ったことをすぐ口に出して聞けるという利便性は、スマホを探して手に取って、いちいちアプリを開いてから質問することを圧倒的に上回るようだ。


■どんなときに最も活用しているか?
 多くのユーザーはAIスピーカーを、自分の予定をリマンダーしてくれるカレンダーとしてや、天気のチェック、やることリストの作成など「デジタル・アシスタンス」として使っている。また、独身者からは家の中に誰か(何か)話し相手がいるようで生活が楽しくなったという意見も出ている。たとえば、オーディオ・ブックを聞くのが好きな人は、「AIスピーカーにいろんな本を読んでもらって楽しんでいる」そうだ。

 「アマゾン・エコー」と「グーグル・ホーム」の音楽機能については、感想がさまざま。デバイスが自分の好みとは異なるバージョンの曲を流すことが不満だという声や、リクエストされた曲がわからず、「質問がわかりません」と繰り返すことが多いことが音楽機能分野に見られるようだ。

 しかし、AIスピーカーを日常的に使用していると、依存度が高まり、デバイスなしには出来なくなる日々の小さなことが増えていることが「ちょっと怖いかも」という意見もあった。特に、料理に関すること(小さじ1杯とは何ミリ?など)やレシピは、デバイスにとっての得意分野でもあるため、キッチン周りに関する質問には他に比べて熱い回答が返ってくることが多い。デバイスの情熱度も関係しているかは分からないが、「レシピや計量を自分の頭で考えなくなった」という女性ユーザーの感想が意外と目立った。


■AIスピーカーと共に成長する周辺ビジネスは?
 「アマゾン・エコー」と「グーグル・ホーム」、そして、まだリリースされていない「アップル・ホームポッド」は、3社共にスマホを使って家電を自動管理できる。「エコー」は異なるメーカー各社のオーブンやコーヒーメーカーなど様々な家電に対応しており、「ホーム」はグーグル社の、そして「ホームポッド」はアップル社のホーム・オートメーション・プロダクトを使用している。

 「エコー」と「ホーム」は、配車サービスの「Uber」を呼んだり、銀行口座をオンラインで操作できたり、食材や生活用品から温かい食べ物などの宅配サービスを注文できる。「エコー」の強みは言うまでもなく、自社アマゾン・ドットコムの巨大な商品在庫とパートナー企業を利用できることだ。「ホーム」はグーグル社の独自のマーケットプレースを利用しているが、パートナー企業にはコストコ、ホールフーズ、ギターセンターなどの大手が名を連ねている。焼きたてのピザや、レストランからのテイクアウトメニューなど温かい食べ物の宅配サービスとの提携も徐々に数を増やしており、たとえば全米チェーンのドミノ・ピザは「エコー」と「ホーム」の両方と契約している。アマゾンの「エコー」はさらに別の全米チェーンのピザハットをはじめ、全米20都市に千店を超えるレストランと宅配契約を結んだ。グーグルの「ホーム」は、自社のグーグルマップのアプリケーションを活用して各地元のレストラン情報を繋げている。

 これから発売されるアップルの「ホームポッド」は、「reinvent home music(自宅での音楽を蘇えさせる)」をキャッチコピーに、音楽と家電の自動管理に特化するそうだが、「メッセージを送ることも可能にする」とも公言しているので、その機能も気になるところだ。


■アップルの参入で市場は変わるのか?
 「アマゾン・エコー」と「グーグル・ホーム」は日々新しいサービスを加え、すでに人々の生活に入り込んでいる。大きく遅れて市場参入する「アップル・ホームポッド」は、同社の強みであるエコーシステムの相互運用性を使い、アップル・ユーザーにとって魅力的な商品を作るだろう。
 しかし、「ホームポッド」が立ち上げ時にSiriの限定バージョンをビルトインする予定であることには、懸念の声があがっている。また、アップル社はマップコネクトや、アップル・ペイなどの自社サービスを既に持っており、同社の技術を駆使すれば競合より良いショッピング・システムを提供できるかも知れないのに、「なぜ、アマゾンやグーグルの商品に付いている機能をあえて無視するような選択をするのか?」という疑問を持つ人も多いようだ。だが、同社はきっと「ショッピングを主目的とするユーザーならば、最初から巨大な商品在庫と優れたオンライン・ショッピング・システムを持つアマゾン社のデバイスを購入するはず」と考え、自分たちは得意分野に集中しようと早い段階で潔く判断したのであろう。
 アップル社はBeats Audioを買収後、再度音楽に強化する方向性を打ち出しており、今後は音楽やビデオ、AirPlayを活用したiOSデバイスやアップルTV、スマート家電サービスなどに集中すると見られている。果たして、この「ホームポッド」にビルトインされるSiriの品質が、AIスピーカー市場を揺るがすほどの商品になるかどうか、12月が来るのを楽しみに待とう。

IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿






米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。