孤独な人に朗報?「友達レンタル・サービス」

孤独な人に朗報?「友達レンタル・サービス」

友達がうまく作れない人、友達はいても特定の趣味を一緒に楽しめる相手がない人、ガールフレンドはいないのに親に紹介すると言ってしまった人……。そんな人たちにとって便利なサービスを紹介しよう。


 2009年、ニュージャージー州に住むスコット・ローゼンバームは、日本のことが書かれた「ある記事」に目を止めた。それは衝撃的な内容だった。そこには、「日本では結婚式など家族が集まる席に身内の数が足りない際、レンタルで人材を補充する」と書かれていたからだ。それまで彼は、「人」をレンタルするなんて考えたこともなかったが、その瞬間にピンときたという。彼はすぐさまビジネスを立ち上げた。それがRentAFriend.comというオンライン・サービスだ。ビジネスは急速に拡大を続け、2017年現在、世界最大の人材(友達)レンタル・サービスに成長した。

 このサイトが提供するモノは「友達」だ。ニーズに合わせて友達を探すことができ、メンバーになれば、その友達候補に直接連絡ができる。会員費は24.95ドル。友達への報酬は1時間あたり10ドルが基本で、直接本人たちがやり取りして最終値を決めるルールになっている(同社はオンライン上で合意に至った友達同士の約束には基本的に関与しない)。

 ここまで読むと、これはデートやエスコート・サービスかと勘違いしそうだが、このサイトの目的はあくまで「人材レンタル」。レンタルがきっかけとなって本当の友達になる人もいるだろうが、基本的には時給を支払って交流する一時的な人材の提供が目的だ。ホームページにも「出会いサービスやエスコートを目的とするものではない」と繰り返して断り書きがされており、これに違反するとサービスの利用を継続できなくなる。

 サイトではパーティー参加者の人数合わせのための「友達」、家族の特別なイベントに招待するための「友達」、旅行に行く「友達」、ハイキングに行く「友達」、同じ宗教の「友達」など、レンタルしたい友達がカテゴリー別に表示され、検索できるようになっている。現在のメンバー数は62万人を超えており、世界中にユーザーがいるそうだ。

「RentAFriend.com」: http://rentafriend.com/

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?


人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」








最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング