ありそうでなかった優れもの! パパが作った歩き始めの子供用歩行補助器

ありそうでなかった優れもの! パパが作った歩き始めの子供用歩行補助器

この商品を見たら、「こんなのあり?」と、思わず噴出してしまうこと間違いなし。あまりにも単純で簡単な仕組みだが、今までにはなかった話題の新商品。歩き始めの子供を持つ親たちの強い味方になるかも?


 まずはビデオを見て欲しい。この驚くほど単純な仕組みの新商品「Willa Walker」(ウィラ・ウォーカー)は、歩き始めの子供用に作られた歩行補助器だ。つり革のような2つの輪にヨチヨチ歩きの子供が捕まって歩ける仕組みで、大人は普通の姿勢を保ったまま、子供に歩き方を教えることができる。今までは、子供のヨチヨチ歩きに付き合うためには、大人は中腰になって体を屈めねばならなかったが、この商品を使えば不自然な姿勢を維持する必要はなくなり、体が痛くなるということもないというわけである。

 これを製造しているのは、4人のパパ。今のところは、それぞれ本職を持っており、各自の仕事が終わった後の時間を使い、ひとつずつ手作りで製作している。商品を作る「工場」は自宅のガレージで、材料は余った天然木材をリサイクルしたものを使用し、環境への配慮も完璧。しかも、商品の売り上げの一部を環境財団に寄付しているという。

 ネットで瞬く間に商品が認知され、嬉しい悲鳴をあげている4人のパパ。これを本業にすべきかどうか、現在検討中だそうだ。

HP: https://www.willawalker.com/

子供に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。