アメリカ南部でビジネスを成功させる「カギ」は、教会にあり!

アメリカ南部でビジネスを成功させる「カギ」は、教会にあり!


 アメリカ南部の人々は人情深く、どんな小さな親切も心にとどめ、こちらが忘れた頃に必ず恩返しをしてくれる義理堅い人達だ。彼らの心は南部という土地の気候のように非常に温かく、他州や他国から来た観光客のことも親切に歓待してくれる。

 しかし、いざ「南部でビジネスをしよう!」となると、状況が一変する。南部の州民はよそ者に対して排他的なところがあり、特にニューヨークやカリフォルニア、ボストンなどの都会の人々や外国人に対しては、根深い懐疑心を抱いている。懐疑心を抱く理由のひとつは、アメリカのメディアが”南部人=無教養な人種差別者”という間違ったステレオタイプを信じ込み、南部の人々を小馬鹿にするような報道をし続けているからだ。それを見ている南部の人々は、「都会の人間や外国人は、自分たちを見下しているに違いない」と思っているのである。

 このバリアーを破って南部で受け容れてもらいたいならば、教会が主催するボランティア活動に参加するのが一番だ。南部の人々はアメリカで最も信心深く、おおかたの住民が日曜には教会に行き、教会が行う様々な慈善活動に積極的に参加している。南部では初対面の挨拶代わりに“Which church do you attend/go to?”「あなたはどの教会に通っているのですか?」と尋ねるほど。教会は日常生活の一部なのだ。

 教会では、中産階級の人も大企業の重役も、保安官も退役軍人も、中小企業の社長も医者も、弁護士も政治家も、”キリスト教の信者”という平等な立場で、様々なバックグラウンドの人々が繋がっている。そのため教会の慈善活動に参加すると、対等な人間関係で、しかもポジティブなネットワークが一気に広がるのである。

 キリスト教徒ではない外国人が教会の礼拝に参加したら少々怪しまれるかもしれないが、教会主催の慈善活動は、宗教や宗派に関係なく、あらゆる参加者を歓迎してくれる。これはイエスが信者たちに語った「良きサマリア人の話」に由来するといわれる。その逸話は、強盗に襲われて半殺しにされ、道ばたに置き去りにされた旅人を、ユダヤ教司祭やレビ族(司祭を補佐した一族)の人間は無視して通り過ごしたが、ユダヤ人の中で地位が低く蔑まれていたサマリア地方の人が、旅人を介護して面倒を見てくれた、というものだ。

 キリスト教徒、特に南部のバプティストたち(プロテスタント最大の教派)は、このa good Samaritan(良きサマリア人)の教訓話が大好きだ。教会に行って、ボランティアで慈善活動に参加したい旨を告げ、“Because I'd like to consider myself a good Samaritan.”「私は良きサマリア人でありたいと思っているからです」と言えば、牧師からも信者からも間違いなく即座に歓迎されるだろう。


 よい意味でも悪い意味でもコネがモノを言う南部でビジネスを成功させたいなら、教会のネットワークをフル活用して、信頼を築き上げよう。訴訟社会のアメリカでは、万が一、詐欺やセクハラなどの濡れ衣を着せられて訴えられた場合でも、南部では「牧師に勝るcharacter witness(性格証人)はいない」ということも忘れてはならない。教会を通じて善意と善行に基づいた人間関係を広げれば、必ず南部でビジネスの勝者になれるだろう。

キリスト教に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。日本とは異なり、多人種から構成されるアメリカでは、12月の挨拶も一筋縄ではいかない……。


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!


テキサス人と保守キリスト教徒が、今年のクリスマスを歓待する理由

テキサス人と保守キリスト教徒が、今年のクリスマスを歓待する理由

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。今回は多人種国家アメリカのクリスマスで、「メリー・クリスマス」と気軽に言えない状況に不満を持つ人たちの話。



アメリカでの交渉に必要なこと

アメリカでの交渉に必要なこと






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング