ヘンな法律USA「アリゾナ州編」

ヘンな法律USA「アリゾナ州編」

ネイティブ・アメリカンの聖地であり、世界遺産のグランドキャニオンや世界的なパワースポットのセドナなど、魅力ある名所が点在するアリゾナ州。しかし、この州にウルトラ級のおかしな法律が山ほどあることは意外と知られていない。 今回はその一部を紹介しよう。


ヘンな法律その1:「石鹸を窃盗して、それが見つかった場合、罰則として、その石鹸がなくなるまで使い切らなければならない」
<編集部コメント>
石鹸を盗んだ人は、窃盗罪では捕まらない代わりに、その石鹸を使い切る必要がある。と言われても、たとえ石鹸でも何かを盗んだことには変わりないのではないだろうか? この法律が制定された背景が激しく気になる……。


ヘンな法律その2: 「サボテンを無断で切り倒すと、懲役25年を求刑される可能性がある」
<編集部コメント>
石鹸を盗んだ人は、窃盗罪では捕まらない代わりに、その石鹸を使い切る必要がある。と言われても、たとえ石鹸でも何かを盗んだことには変わりないのではないだろうか? この法律が制定された背景が激しく気になる……。


ヘンな法律その3:「大人の玩具を2個以上所持することは違法」
<編集部コメント>
それを所持していることを、果たしてどうやって監視するのだろうか? この法律に関する詳細を知っている人がいたら、当編集部に是非ご教示いただきたい。


この記事の寄稿者

関連するキーワード


アリゾナ州 法律




最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング