お手軽な断食ダイエットがアメリカでもブームに?

お手軽な断食ダイエットがアメリカでもブームに?


 近頃、若者から高齢者までの広い層に流行りはじめたダイエット法のひとつが、絶食をちょっと真似する「ファスト・ミミッキング・ダイエット(Fast Mimicking Diet)」だ。

 例えばハリウッド映画俳優のヒュー・ジャックマンや、米軍元司令官のスタンレー・マクリスタルが、食事の量ではなく、食事の時間を制限するダイエットを取り入れている。ジャックマンの行っている彼の名前がついたダイエット法は筋肉トレーニングをメインにしたい人たちに人気が高い。スタンレー・マクリスタルは1日に食事を一回だけ摂るということを人気のオンライン・ラジオ番組、ティム・フィリス・ポッドキャストで語っている。両ダイエットとも「食事する時間を抑制すること」が鍵になっている。

 ジャックマンの場合、摂取しているカロリーは一日6000キロカロリーと、かなり高い。運動量や栄養バランスを考えた上でのカロリー総量だ。ちなみにアメリカで一般人向けの1日のカロリーは2000キロカロリー。「ダイエット=摂取カロリーを減らす」という常識はよく聞くが、ジャックマン式ではカロリーを減らさず、食べる時間を制限する。そうすることで、体内時計をリセットさせて新陳代謝をよくし、脂肪が消化しやすくなることが科学的に証明されている。そんな背景もあって、このダイエット法が若者から高齢者にまで普及した。

 我々の体内時計と新陳代謝を結ぶのは、消化に必要な概日リズムに伴うホルモン分泌と消化機能の関係だ。例えば夜遅くに食べてしまったら、人間本来の生理に逆らうことになるため、カロリーの消化機能が開始しなくなる。消化しきれないカロリーや糖分が余ることで、肥満につながることを指摘している専門家は非常に多い。ソーク研究所のサッチン・パンダ医師や、南カリフォルニア大学の老年学研究所のヴァルター・ロンゴ博士の研究は、この現象のさまざまな側面を続けて研究し、その結果を各所で発表している。

 こうした研究結果をITに応用するケースも増えつつある。例えば「Zero」(ダイエットアプリ)等を筆頭とする絶食をサポートするアプリは非常に人気が高い。このアプリの機能はとてもシンプルで、食事をしない時間帯をつくって、それが本当に実践できたかどうかを計るだけ。例えば、ジャックマンのダイエットの場合、朝8時から夕方4時までに食事を終え、翌朝8時以降に食事を再開する必要がある。身体が休む時には食事も休もうという、ある意味では常識といえることが流行りのアプリに反映されているのは、古来の常識と新しい時代のよりよいマッチングだと言えるだろう。

 なお、この記事で紹介しているダイエットはあくまでも私見で選んだものなので、ダイエットやアプリを試す場合には、各自が医者と相談してから開始することをお勧めする。

健康に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング