アップル社、再生可能エネルギー利用のデータセンター建設を発表

アップル社、再生可能エネルギー利用のデータセンター建設を発表

元記事『Apple to build second renewables-powered data center in Denmark』:https://goo.gl/tPeCDW


 アップル社が約921億ドルを投入して、新しいデータセンターをアメリカではなく、北欧デンマークに作ると発表した。デンマークは風力発電とバイオマス発電のリーダー国で、新施設では100%再生可能エネルギーを使用する。アップル社の再生可能エネルギーだけを使うデータセンターは、これで2箇所目となる。

 同社は再生可能エネルギーを使用するシステムに移行することを約束し、アメリカがパリ協定から撤退を発表した後も、10億ドルのグリーンボンド(温暖化対策や環境プロジェクトなどの資金を調達するために発行される債権)を売り出したほど、世界の環境を配慮することを重視している。同社のティム・クックCEOは、トランプ大統領にパリ協定の撤退を止めるよう直接訴えた数少ないアメリカ人の実業家のひとりでもある。

 新データセンターはiTunesストアーやアプストアー、iMessage、マップ、 Siriなどヨーロッパにおけるアップル社のオンラインサービスに使用される。

 フェイスブック社も、デンマークにデータセンターを建設する予定をすでに発表している。

環境問題に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。