コカイン吸引をイメージさせる“鼻から吸うチョコレート”に波紋 

コカイン吸引をイメージさせる“鼻から吸うチョコレート”に波紋 

元記事『Cocaine on training wheels? Snortable chocolate raises eyebrows, angers Schumer』:https://goo.gl/XVSCsr


 先月アメリカで発売が開始されたチョコレート・パウダー「Coco Loko」が、 子供達に悪影響を与える商品ではないかと波紋を呼んでいる。

 フロリダ州にあるリーガル・リーン社が発売したこの商品は、鼻から吸引するパウダーで、カカオパウダーや一般的なエネルギードリンクに使われるタウリン、ガラナ、イチョウなどを含む健康食品だ。これを摂取すると「多幸感のあるエネルギーとモチベーション」が得られるという謳い文句がついている。

 この商品に対して、チャールス・シュマー米上院議員は、健康を促進する効果が証明されていないことや、「コカイン吸引を子供たちに練習させるようなもの」だとして、米国食品医療品局(FDA)にこの商品を調査することを依頼し、記者会見を開いた。シュマー議員は、「店頭で簡単に購入できる興奮剤を鼻から吸引することが、自分の子供にとって良いアイデアだと考える親などひとりもいない」と述べ、FDAに調査に乗り出すことを促した。

 この商品はサプリメントとして販売しているため、FDAの認可を受ける必要はない。また、販売元も「これは元気を出すサプリメントであり、何かの病気を予防したり、病気を治す薬ではない」とコメントしている。同商品は同社のウエブサイトにて、1缶$19.99(約2260円)で販売されている。


子供に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。