アメリカのちょっと変わったドライブスルー

アメリカのちょっと変わったドライブスルー

日本でもファストフードのドライブスルーはお馴染みだが、車社会のアメリカでは日本では見かけないドライブスルーのサービスがいろいろある。銀行や薬局のドライブスルーは当たり前だが、ちょっと変わったドライブスルーを紹介しよう!


① 選挙投票ドライブスルー

オレゴン州とカリフォルニア州を中心にかなり浸透しつつあるのが、選挙の日、車に乗ったまま投票できる選挙投票場のドライブスルーだ。足腰が弱くなってしまった高齢者には特に喜ばれているそうだ。

② 葬儀場ドライブスルー

カリフォルニアにある「Robert L. Adams Mortuary」社が始めたのは、なんと車を降りずに故人をお参りすることができるドライブスルー葬儀場サービス。もちろんドライブスルーを利用しなくてもお参りはできるのだが、このサービスは故人には会いたくても、故人の家族には会いたくない複雑な事情のある人などの利用率が高いらしい。
URL:http://www.robertladamsmort.com/

③ ウエディングチャペル・ドライブスルー

カジノで知られる街、ラスベガスのもうひとつの顔は「結婚の街」。婚姻手続きが簡単なことから結婚式場が多いが、「Tunnel of Love」というチャペルでは、結婚式をドライブスルーで執り行ってくれる。車に乗ったまま結婚の誓いをする経験はかなり変わっているので、一生の思い出になること間違いなし。
URL:https://www.alittlewhitechapel.com/fivechapels/tunnel-of-love-drive-thru/

④ 大人のおもちゃ屋ドライブスルー

アラバマ州の大人のおもちゃ屋「Pleasures」では、アダルトグッズやコンドームなどをドライブスルーで購入できる。このサービスは、店の中に入る勇気はないが、少し大胆な冒険をしてみたいと思う女性たちにも人気だそう。
URL:http://mypleasurestore.com/

⑤ 弁護士事務所ドライブスルー

「The Kocian Law Group」は、アメリカで初めてドライブスルー・サービスを始めた弁護士事務所だ。クライアントのニーズに速やかに応えるため、簡単な質問や書類の受け渡しなどに、依頼人がドライブスルーを利用できるという仕組みを取っている。パラリーガルが常時ドライブスルー窓口で対応してくれる。
URL:http://www.kocianlaw.com/

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 法律 サービス

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。