アメリカのちょっと変わったドライブスルー

アメリカのちょっと変わったドライブスルー

日本でもファストフードのドライブスルーはお馴染みだが、車社会のアメリカでは日本では見かけないドライブスルーのサービスがいろいろある。銀行や薬局のドライブスルーは当たり前だが、ちょっと変わったドライブスルーを紹介しよう!


① 選挙投票ドライブスルー

オレゴン州とカリフォルニア州を中心にかなり浸透しつつあるのが、選挙の日、車に乗ったまま投票できる選挙投票場のドライブスルーだ。足腰が弱くなってしまった高齢者には特に喜ばれているそうだ。

② 葬儀場ドライブスルー

カリフォルニアにある「Robert L. Adams Mortuary」社が始めたのは、なんと車を降りずに故人をお参りすることができるドライブスルー葬儀場サービス。もちろんドライブスルーを利用しなくてもお参りはできるのだが、このサービスは故人には会いたくても、故人の家族には会いたくない複雑な事情のある人などの利用率が高いらしい。
URL:http://www.robertladamsmort.com/

③ ウエディングチャペル・ドライブスルー

カジノで知られる街、ラスベガスのもうひとつの顔は「結婚の街」。婚姻手続きが簡単なことから結婚式場が多いが、「Tunnel of Love」というチャペルでは、結婚式をドライブスルーで執り行ってくれる。車に乗ったまま結婚の誓いをする経験はかなり変わっているので、一生の思い出になること間違いなし。
URL:https://www.alittlewhitechapel.com/fivechapels/tunnel-of-love-drive-thru/

④ 大人のおもちゃ屋ドライブスルー

アラバマ州の大人のおもちゃ屋「Pleasures」では、アダルトグッズやコンドームなどをドライブスルーで購入できる。このサービスは、店の中に入る勇気はないが、少し大胆な冒険をしてみたいと思う女性たちにも人気だそう。
URL:http://mypleasurestore.com/

⑤ 弁護士事務所ドライブスルー

「The Kocian Law Group」は、アメリカで初めてドライブスルー・サービスを始めた弁護士事務所だ。クライアントのニーズに速やかに応えるため、簡単な質問や書類の受け渡しなどに、依頼人がドライブスルーを利用できるという仕組みを取っている。パラリーガルが常時ドライブスルー窓口で対応してくれる。
URL:http://www.kocianlaw.com/

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング