サウスカロライナ州議事堂に南部連合旗。反対派が抗議

サウスカロライナ州議事堂に南部連合旗。反対派が抗議


 アメリカの奴隷制が廃止されたのは150年前。南北戦争というアメリカを二分する国内戦争の結果だ。当時の南部連合軍(南軍)の旗は、現在でもアメリカ南部の多くの白人にとって誇りの象徴でもあるが、その他の人にとっては人種差別(奴隷制度)のシンボルと、とらえられる事も多い。

 昨今、南部の各州で、その南軍旗や南北戦争関連の記念碑が公の場から撤去される動きが起きている。引き金となったのは、2年前にサウスカロライナ州チャールストンのアフリカ系アメリカ人教会で、9人の黒人が人種差別者によって射殺された事件だ。事件の後、州議会によって南軍旗の撤去が決定し、議事堂の屋根から取り除かれた。その後、撤去対象が南北戦争記念碑全般に及び、ニューオーリンズ、バージニア州リッチモンド市、ノーフォーク市などの各地で将軍像などを撤去する動きが起こっている。

 今年7月10日、サウスカロライナ州議事堂前で2年前の軍旗撤去の記念式典が南軍旗支持者によって開催され、旗が持ち込まれた。同式典は同時に、南部各州における記念碑撤去への抗議運動でもあったことから、反対する多くの人々が参加して両者の間で激しい応酬が交わされた。

 アメリカの歴史を語る上で避けて通れない南北戦争と奴隷制度について、RedとBlueはどう見るのか?

出典『NBC News』
元記事「Confederate Flag Raised at South Carolina Statehouse in Protest by Secessionist Party」:
http://www.nbcnews.com/news/us-news/confederate-flag-rises-south-carolina-statehouse-protest-secessionist-party-n781331

RED: 好むと好まざるに関わらず、アメリカが南北戦争を戦ったのは事実だ
"Like it or not the U.S. Fought a Civil War"

 これに関しては明記すべきことが4つある。まず、アメリカ合衆国で1861年から1865年にかけて戦われた南北戦争は、主に奴隷制度の制定に関連していること。次に、この戦争は奴隷制を容認する民主党と、奴隷制廃止を主張する北部の共和党の間で戦われたこと。3番目に、南部連合の旗「The Stars and Bars(星と線)」はアメリカ連合国(注:アメリカ合衆国から分離して独立を宣言した南部諸州によって1861年に設立され、南北戦争終了の1865年に消滅)の国旗ではなく、南軍が用いた軍旗であること。4番目は、南軍の兵士の大半は奴隷の持ち主ではなく、北部アメリカ連邦軍と戦うために南部の州から集められたボランティアだった。

 これらのことから私が言いたいのは、流血の分断と、外部と内部の双方の脅威から国を守るために命をかけたアメリカ人のことを、決して忘れるべきではないということだ。南部連合軍の旗は歴史の一部である。それを嫌だと思う人もいるだろうが、これは国が形成される長い流れの一環なのだ。それによって不快な思いをする人がいるというだけの理由で、それを取り除いたり、消し去ろうとするのは、その後に起こったすべてのことに対して失礼だ。

 例えば、第二次世界大戦中に日系アメリカ人とドイツ系アメリカ人が、アメリカ政府によって強制収容された歴史を、75年後の今になって知った誰かが不快な思いをしたという理由で、アメリカは削除したりはしない。それはまったくのナンセンスだ。アメリカの歴史は過去の素晴らしい出来事と時にして発生し得る悲劇の双方の証しとなるものだ。そのどれであっても消してしまうことは(たとえ南軍旗であっても)、人としての自分たちを忘れることに等しい。


BLUE:南北戦争は250年前の出来事
"The Civil War Was Fought 250 Years Ago"

 南軍旗がアメリカの奴隷制の歴史の象徴であることは、紛れもない事実だ。それがある人々にとっては——多くの南部の人々が強く感じるように——、過去のアメリカに郷愁を感じさせるものとして映るというのは残念なことだ。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。