アメリカの学生たちの夏 3カ月のバケーションでサマーキャンプ!

アメリカの学生たちの夏 3カ月のバケーションでサマーキャンプ!


 夏休み───それはアメリカの若者、主に学生が一年で一番楽しみにしている一大イベントだ。アメリカでは学校の新年度が9月始まりということもあり、夏休みは年度と年度の間にある休み。新たな学年のスタートを待つ、日本でいう春休みのようなものだ。一般的にアメリカの学校の夏休みは6月の始めから8月の終わり頃まで、合計して約3カ月。この圧倒的な長さも影響し、この3カ月間の時間の使い方は日本人の若者とは大きく異なる。

 日本の小中高校では休み中に宿題がたくさん出る傾向があるが、アメリカの学校は夏休みの宿題は比較的少ないケースが多い。考えられる宿題は、「サマーリーディング」くらい。学校から指定されている本や自由に自分で選ぶ図書を1冊から5冊くらい読むという課題だ。

 宿題も少なく、休みは3カ月もある。アメリカの学生は一体、その時間に何をするのだろう?と疑問に思う方も多いだろう。小さい子供から高校生まで、一番人気の夏のアクティビティといえば「サマーキャンプ」だ。私の知り合いの間で主流だったのは、小さい時から5年以上、毎年同じサマーキャンプに参加するケース。学年も区切られていて、毎年同じメンバーと再会して6週間ほど一緒にいろいろなアクティビティに参加するのだ。高校生にもなれば、それまで自分がずっと参加していたサマーキャンプのカウンセラーになる若者が多い。いわば、キャンプに参加する小さい子供達のメンター役となるわけだ。

 サマーキャンプには様々な種類があり、スポーツ専門、ボランティア活動がメイン、ダンスの集中キャンプのようなものなども少なくない。個人的に私が面白いなと思ったキャンプは、 バーモント州のミドルブリー大学が実施している語学集中キャンプだ。私の友人はそこのフランス語のキャンプに参加し、キャンプが終わる頃にはかなり語学力が上達した。他にもいくつかの語学のオプションがあり、キャンプの途中では中国語グループ対スペイン語グループがクイズの対抗試合をするという、語学対抗オリンピックなどもあるそうだ。ひと夏でひとつの言語をマスターできるとは、学生たちに限らず、誰もが興味が持ちそうな魅力的なサマーキャンプだと思う。

 夏休みのアクティビティで、サマーキャンプの他に主流なのがボランティア活動、英語でいうと”Community Service” (コミュニティーサービス)だ。地域のボランティア団体に参加する子供達や若者も多いが、海外の発展途上国へ行ってボランティア活動をしながら、その国の文化に触れるプログラムなどに参加する若者も多い。行き先で主流なのはメキシコ、ジャマイカやカリブ海の島国、フィジー、ガーナ、ベトナム、タイなどだ。発展途上国でボランティアをし、その国のコミュニティーを助けるのがプログラムの目的だが、一番の恩恵はそれに参加することで視野を広げ、恵まれた日常に感謝できるようになることだろう。

 思い切っていろいろなことにチャレンジできるアメリカの長い夏休み。それは世界中の学生が一度は経験してみたいと願う、人生で最高のバケーションかもしれない。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 若者 学生

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング