セクシーな顎ヒゲはモテ男の証

セクシーな顎ヒゲはモテ男の証

日本とアメリカでは「セクシー」という意味合いが、かなり異なる。日本では嫌がられることが多い男性の薄毛や胸毛は、アメリカでは強い男の証ととられることも。そして、アメリカ女性が大好きな男性のセクシーさの象徴といえば「ヒゲ」。今日はそのセクシーなヒゲに注目!


 アメリカの女性は、ヒゲが似合う男性が大好き。特に「顎ヒゲはセクシー!」と熱狂する女性は多く、男性の多くが一度は顎ヒゲを伸ばすことを試みる。しかし、顎ヒゲをきれいに整えるのは、なかなか難しい。顔に定規をあてて正確に測って左右対称にするわけにもいかず、なんとなくバランスが悪い剃り方になりがちだ。

 そんな悩みを解決してくれる必殺アイテム「GoateeSaver」が、密かに男性たちの人気を集めている。使い方は少し衝撃的。GoateeSaverはマウスピースのような形をしており、それを口に加えて、口の周囲区域をカバーする。自分の好みの顎ヒゲに長さを調整できるようにもなっており、どんな顔の輪郭の男性でもフィットするらしい。簡単な仕組みではあるが、特許も取得しており、販売元のGoateeSaver Company LLC社の業績は右肩上がりなのだという。

 商品はHP上で販売しており、日本からでも購入可能。商品本体の値段は約20ドル。アメリカでセクシーだと言われたい男性は、まず顎ヒゲを生やしてみてはどうだろう?

『The Perfect Goatee — Create a Perfectly-Shaped Goatee Every Time』
https://www.myperfectgoatee.com/

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 サービス

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。