トランスジェンダー軍入隊禁止に波紋。精力剤の費用はその5倍!

トランスジェンダー軍入隊禁止に波紋。精力剤の費用はその5倍!

元記事『The military spends five times as much on Viagra as it would on transgender troops’ medical care』:https://goo.gl/ZT98St


 トランプ大統領が、26日にトランスジェンダー(心と体の性が一致しない人々)が、米軍に関係するすべての職務に就くのを禁止するという考えをツイッターで発信し、全米に大きな衝動を与えた。そのツイッターの文面は、軍高官や軍事専門家らと相談したと書かれており、「米軍は決定的かつ圧倒的な勝利を収めることに注力している中、トランスジェンダーは莫大な医療コストと混乱をもたらす」というものだ。

 トランスジェンダーを公言している人々の軍入隊はオバマ前政権が昨年認める決定を出し、推計では昨年時点で約2500人トランスジェンダーの現役兵士および約1500人が予備軍人として既に職務についている。トランプ大統領は、トランスジェンダーの性別適合手術の術後ケアーなどの伴う軍の医療コストが最大で年840万ドル(約9億円)と試算しているが、この金額は昨年の米軍全体の医療費62億ドル(約6896億円)の0.13%。ワシントンポスト紙は、「米軍は男性機能不全(ED)治療薬バイアグラの購入だけで、その5倍近い4160万ドル(約46億円)を費やしている」と指摘し、トランスジェンダーが「莫大な医療コストをもたらす」という同大統領の主張に疑問を投げている。

 昨年の大統領選挙中、トランプ氏は自身を「性的少数者(LGBT)の本当の友達」と呼び、「あなたたちのために戦う」などとツイートし、対抗馬のクリントン候補者よりも自身の方がLGBTコミュニティーに感謝していることを、同コミュニティーに関連する事件が起きるたびに強調してきた。

 大統領のこのツイッター声明は国民だけでなく、米国防省をも混乱させ、翌日には同省より「国防長官に正式に提出されてガイダンスが作成されるまで現状の変更は何も起こらない」という声明が出された。同日中にニューヨークなどの都市ではLGBT人権保護を訴える市民集会が開催され、LGBT権利擁護団体は今回のトランプ大統領の表明は、米国人であるトランスジェンダーへの直接的な攻撃だと指摘している。

LGBTに関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。