投資はクリベッジに通じる

投資はクリベッジに通じる


 私は教育者であり、投資家でもあるが、今の私をここまで導いてくれたのは、よい師やメンターたちに巡り合ったからだ。彼らが厳しさと優しさを持って導いてくれ、技術や知識だけでなく、精神も鍛えてくれた。

 「クリベッジ」というトランプのゲームがある。17世紀頃にイギリスで誕生したらしいが、アメリカ海軍の間で流行し、今日でもイギリスやアメリカで盛んなカードゲームだ。ルールは独特で、勝負は運の強さにもよるが、技術や知識には「型=公式」があり、それがかなり反映される。パターンを統計化して学び、何度も根気よくゲームを繰り返して習得していくのだ。私には子供の頃から、このゲームの素晴らしい「師」がいた。私の父だ。このゲームを通して、人生に必要な様々なことを学んだと思っている。

 投資の世界を知ったのは、そうとう大人になってからだが、私の場合は、自己流の投資を試した後、統計を教わった恩師と呼べる人物に出会った。最初の頃、その恩師が私に繰り返して言ったことは、父が幼い日の私に言っていたことと同じだった。投資の基本は、クリベッジと同様に「型を学ぶ」ことが大前提だった。自分が子供の頃から学んでいたことと、投資の基本が同じだと気づいた時には驚いた。

 何事にも通じるが、何かを学ぶために入門を考えるとき、自分に合う「流派」や「技の種類」を見極めるのは大事だ。人生の限られた時間の中では、すべてを試すことはできないので、効率をよくするためにも、それぞれの人生の目標、性格、ライフスタイルなどをじっくり考えてみることをお勧めする。

 「投資」には多くの人が固定のイメージを持っているらしく、まず銘柄や相場の動向などを知りたがる傾向が高い。しかしそれよりも前に、「人生をどうしたいか? どう生きたいか?」を考えることが大事だ。「投資」はひとつの意味や技術を持つだけでなく、たくさんの方法があり、広く深いものだ。投資方法も自分に合うものを選ぶことが大事で、それを明確にすれば、選択もやり方もわかってくると思う。そして、そこから広がっていくものは、人生の目標に沿ったものになっていく。私は、投資というものは経済的に満足するのはもちろん、心の幸せを潤わせるものであるべきだ、と思っている。

 また、投資は「ギャンブル的」なものというイメージを持っている人も多いようだが、実は統計化された公式がある。まず「型=公式」を学べば、自分の投資スタイルも理解できてくるのだ。もちろん、運やその時の判断に結果が左右されることもあるので、一喜一憂したあげくに「心ここにあらず」な状態にならないことが大切だ。感情に任せて判断を誤ると敗北する。失敗したことに、いつまでもこだわってしまうことも多いのだが、「最終的な人生の目標」からブレずに心を落ち着けて向き合えば、対処法も見つかるだろう。

 これで、投資に関する私の持論が日本の古典武芸や侍の生き方、カードゲームに似ているということを少し理解していただけたら幸いである。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング