投資はクリベッジに通じる

投資はクリベッジに通じる


 私は教育者であり、投資家でもあるが、今の私をここまで導いてくれたのは、よい師やメンターたちに巡り合ったからだ。彼らが厳しさと優しさを持って導いてくれ、技術や知識だけでなく、精神も鍛えてくれた。

 「クリベッジ」というトランプのゲームがある。17世紀頃にイギリスで誕生したらしいが、アメリカ海軍の間で流行し、今日でもイギリスやアメリカで盛んなカードゲームだ。ルールは独特で、勝負は運の強さにもよるが、技術や知識には「型=公式」があり、それがかなり反映される。パターンを統計化して学び、何度も根気よくゲームを繰り返して習得していくのだ。私には子供の頃から、このゲームの素晴らしい「師」がいた。私の父だ。このゲームを通して、人生に必要な様々なことを学んだと思っている。

 投資の世界を知ったのは、そうとう大人になってからだが、私の場合は、自己流の投資を試した後、統計を教わった恩師と呼べる人物に出会った。最初の頃、その恩師が私に繰り返して言ったことは、父が幼い日の私に言っていたことと同じだった。投資の基本は、クリベッジと同様に「型を学ぶ」ことが大前提だった。自分が子供の頃から学んでいたことと、投資の基本が同じだと気づいた時には驚いた。

 何事にも通じるが、何かを学ぶために入門を考えるとき、自分に合う「流派」や「技の種類」を見極めるのは大事だ。人生の限られた時間の中では、すべてを試すことはできないので、効率をよくするためにも、それぞれの人生の目標、性格、ライフスタイルなどをじっくり考えてみることをお勧めする。

 「投資」には多くの人が固定のイメージを持っているらしく、まず銘柄や相場の動向などを知りたがる傾向が高い。しかしそれよりも前に、「人生をどうしたいか? どう生きたいか?」を考えることが大事だ。「投資」はひとつの意味や技術を持つだけでなく、たくさんの方法があり、広く深いものだ。投資方法も自分に合うものを選ぶことが大事で、それを明確にすれば、選択もやり方もわかってくると思う。そして、そこから広がっていくものは、人生の目標に沿ったものになっていく。私は、投資というものは経済的に満足するのはもちろん、心の幸せを潤わせるものであるべきだ、と思っている。

 また、投資は「ギャンブル的」なものというイメージを持っている人も多いようだが、実は統計化された公式がある。まず「型=公式」を学べば、自分の投資スタイルも理解できてくるのだ。もちろん、運やその時の判断に結果が左右されることもあるので、一喜一憂したあげくに「心ここにあらず」な状態にならないことが大切だ。感情に任せて判断を誤ると敗北する。失敗したことに、いつまでもこだわってしまうことも多いのだが、「最終的な人生の目標」からブレずに心を落ち着けて向き合えば、対処法も見つかるだろう。

 これで、投資に関する私の持論が日本の古典武芸や侍の生き方、カードゲームに似ているということを少し理解していただけたら幸いである。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。