何が届くかは分からない!「何か」を送ってくれる不思議なサービス

何が届くかは分からない!「何か」を送ってくれる不思議なサービス

予測もしていないときに、予想もしなかった人からサプライズ・ギフトを贈られたら、誰だって嬉しいだろう。恋人が届けてくれた花束、子供が作ってくれた手作りのプレゼント、遠く離れて暮らす家族が送ってくれた故郷の食べ物……。そうしたギフトには、心がほっこり温かくなる。そんな人間の心理に着目した、とても不思議なサービスとは?


 ニューヨーク州ロングアイランドに拠点を構えるサムシングストアー(Something Store)社。今年で9年目を迎える同社のサービスは「何か」を送ってくれること。文字通り、その「何か」が何なのかは、それが届くまで分からない。同社の倉庫には大量の「何か」が入った段ボールが詰まれており、スタッフがランダムにその箱を選んで、依頼人に送付するのだ。

 サービス料金は一律10ドル。アメリカ国内なら送料込みでこの値段だ。ちなみに一律料金にプラスして、5.99ドルの送料を支払えば、日本からも「何か」が入った箱を注文することも可能だという。送られてくるものはすべて新品。靴下、マフラー、帽子など、10ドル相当のものもあるが、なかには時計やカメラなど、10ドルではとても買えない高価なものが届くこともあるそうだ。

 もちろん、送ってくれる「何か」には除外されるものもある。法律に触れる危険性のあるの(例えばアルコール類や生き物など)が送られることはないし、偽造品などが届くこともない。誰でも安心して「何か」を送ってもらう依頼は可能だ。

 現在までに30万人弱が利用した同社のサービスは、一度そのワクワク感を体感するとクセになる人が多いそうで、サービスのリピーター率はなんと7割近いという。第三者に「サプライズ」として同社に「何か」を送ってもらうことを依頼出来るが、彼らのサービスはあくまで「何か」が入った箱を送ることだけ。つまり、箱の中に個人的なメッセージを書いたカードを加えるなどのサービスなどは受け付けていない。もっともこのサービス、ほとんどの利用者が「自分へのサプライズ」として注文するらしい。誰もサプライズで何かを届けてくれるような人がいなくとも、このサービスを利用すれば、ちょっとしたサプライズという非日常を体験することができるというわけだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 サービス

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。