アメリカでウケる日本の意外なモノ② 錦鯉

アメリカでウケる日本の意外なモノ② 錦鯉

アメリカでは、私たち日本人が思いつきもしないような不思議な「日本製」が大人気だったりする。今回紹介するのは日本庭園の池には必ず泳いでいる「錦鯉」。アメリカ人たちが、鯉に魅せられる理由とは?


 アメリカには、様々な形で日本文化が浸透しているが、なかでもすっかり社会的地位を確立したと言えるのは「禅」の文化だろう。自宅の庭に「禅」のテーマを取り入れる人は年々増えており、日本庭園関連グッズは大変な人気だ。園芸用品店には庭に飾るための仏像や石の灯籠、マニアックなものでは筧(かけひ)まで売られている。

 自宅の庭に、美しく整備された池を作ることは、お金持ちのステイタスのひとつでもあるが、池までも日本風にする人が急増中。池に必須になるものといえば、そこを泳ぐ色とりどりの「錦鯉」だ。アメリカでは日本風の池を「Koi Pond」と呼び、オーナーはそこに入れる鯉を何匹も購入する。大きな庭に見合う大きな池を所有する人であれば、池の整備だけでなく、鯉の世話をする専用の庭師を雇う人さえいるという。しかも、アメリカでも錦鯉は安くはない。一匹日本円で10万円は当たり前で、高いものになると数千万で取引されることもあるという。アメリカで2001年から錦鯉を販売している「Kodama Koi Farm」では、鯉のオークションなども実施しており利用者が多い。ちなみに、このKodama Koi Farmの年商は30億円強。ハワイには広大な養殖場もあり、商売は右肩あがりなのだという。

Kodama Koi Farm Youtube チャンネル:
https://www.youtube.com/user/KODAMAKOI
Kodama Koi Farm HP:
http://www.kodamakoifarm.com/lover/start.php
起業に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。