LinkedInがアメリカで重要視される理由

LinkedInがアメリカで重要視される理由


 今日のビジネスの世界において、ソーシャル・メディア内のあなたのプロフィールは、パーソナル・ブランドだと言える。LinkedInのバイオや履歴書が自分の専門職をきちんと表しているか、よく見直してみよう。これからプロフィールを作る人は、あなたが憧れる人のプロフィールを見て参考にするのもよいかも知れない。

 同時に、他のソーシャル・メディア内のアカウント内容の見直しも忘れてはいけない。もし商談相手が最初からLinkedInに行かず、グーグルを使ってあなたを検索した場合には、フェイスブックやインスタグラムなども出てくる。一度、自分の名前を検索して何が出て来るか確かめておこう。過去にソーシャル・メディア内のタイムラインにあげた派手な飲み会の写真などが浮上することもあるので、もしも商談相手に見られたくない写真があるならば、過去の写真などの見直しをするのも得策だろう。プライベートなコンテンツは、ずっとプライベートにしておくことをお勧めしたい。

豊富なコンテンツや情報を利用しよう(Take Advantage of a Wealth of Content and Knowledge)

 LinkedInを好きな人たちは、自分が何を知っているかについて話すのが好きな人がとても多い。大勢のユーザーたちが定期的に自分の専門分野についての話題をポスティングをしているので、あなたが憧れるビジネス・パーソンや、興味がある分野の仕事に携わっている人をフォローすれば、新しいビジネスの知識やアイデアに繋がるかも知れない。個人や企業をフォローすると自分のプロフィールにそれが表示されるので、自分が何に興味を持っているかを他人にシェアーする機会にもなる。あなた自身が新しい知識や貴重な情報を得るだけでなく、あなたが興味を持つ頃柄が商談相手の第一印象をよくするかも知れない。

SNSに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでの交渉に必要なこと

アメリカでの交渉に必要なこと



人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」



アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。