ヘンな法律USA「ユタ州編」

ヘンな法律USA「ユタ州編」

アメリカ内陸西部に位置し、四季が豊かなユタ州。ブライス・キャニオンなど多くの国立公園をはじめとする迫力ある大自然が魅力で、モルモン教徒が多いことでも有名だ。そんなユタ州に実際にあるヘンな法律とは?


ヘンな法律その1:「金銭を得ることを目的に、動物とセックスすることは禁止」

<編集部コメント>
こんなバカげた法律が成立した背景には、動物と性交をして死んだ人でもいるのだろう……。しかし逆に言えば、金銭を得ることを目的にしなければ、動物とセックスしてもいいということなのだろうか? 

ヘンな法律その2:「いとこ同士の結婚は65歳になるまでは認めない。ただし55歳以上で、性的に不能と証明できる場合は、この限りではない」

<編集部コメント>
この法律を英語で読むと、いとこの部分は「First Cousin」となっている。日本でいうところの「はとこ」、「またいとこ」との結婚は違法ではないということだ。恐らく子供を産める状況にある、いとこ同士の結婚は認めないということだろうが、それにしても「性的に不能と証明できる場合」の証明とは、どう証明するのだろうか? ちなみに日本の場合、血縁結婚は三親等以内が違法となっており、親や兄弟(姉妹)とは結婚はできないが、いとこ同士の結婚は違法ではない。

法律に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


法律 ユタ州 アメリカ人

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。