「旅客機の座席が狭すぎる!」 裁判所が座席サイズの見直し命じる

「旅客機の座席が狭すぎる!」 裁判所が座席サイズの見直し命じる


 アメリカでは、旅客機の座席とシートピッチ(座席前後の間隔)は過去数十年の間にじわじわと狭くなっている。1970年代では35インチ(89 cm)だったエコノミー席のシートピッチ(座席の前後間隔)が、現在では31インチ(79 cm)と10cmも狭くなっており、飛行機によっては28 インチ(71 cm)のものもある。さすがに幅は狭めるのに限界があるらしいが、それでも過去10年で、18インチ(46 cm)から16.5インチ(42 cm)に縮小している。座席が狭くなるのと反比例して、アメリカ人の体格はどんどん大きくなっているため、押し込められた乗客にとっては拷問に近いものがある。しかし、競争の激しいアメリカの航空会社は、利益効率を上げるために座席数を増やそうと、どんどんシートを狭くしているのが現状だ。

 その動きにようやくストップがかかるかも知れない。ワシントンD.C地区の連邦高等裁所が先月、旅客機のシートピッチが狭いと「非常時において乗客の脱出に弊害をもたらす」として、連邦航空局に基準を見直すように命じ、「座席が狭くなることで乗客を危険にさらすことになる」という、乗客の権利を守る団体「Flyers Rights Org」の主張について再調査するように言い渡した。また「非常時に脱出する際に座席のサイズは関係ない」とする連邦航空局の主張を、裁判官の一人は「虫歯の調査をするのに、患者の砂糖消費量だけ記録して、歯磨きやフロスについては無視するようなもので、まったくのナンセンス」だ、と退けた。

 連邦航空局のスポークスマンは電子メールで、「当局はシートピッチについてはテストを実施し、旅客機の安全な避難を評価している。現在、裁判所の判決内容を吟味し、いかなる対応が可能かを検討しているところだ」と述べている。

 今回の判決は、体格の大きな乗客にとって狭い座席は非常時の脱出に大きな影響を与えるか、という点に限定されており、乗客の健康と快適さに与える影響をについて調査するようには命じていない。また現在、米国下院においても、連邦航空局に米国航空会社、「旅客機乗客の安全と健康を守るために」座席サイズおよび座席前後の空間サイズの最低基準を定める議案が検討されている。乗客にとってはどちらも歓迎すべき動きだ。

 こうした国の動きを反映して、アメリカン航空はいち早くボーイング737MAXジェット機の座席の一部を当初予定していた2インチの縮小から1インチの縮小に変更して、30インチにすると発表した。一方で、このところ乗客への対応が悪いと避難されることの多いユナイテッド航空のスコット・カービー社長は、5月に行われた議会公聴会で、同社ではシートピッチを29インチに縮小するかどうか、まだ決定していないと言っている。ちなみにユナイテッド航空の大半のシートピットは現在31インチだ。

引用元:U.S. Government Ordered to Solve 'Case of the Incredible Shrinking Airline Seat'
航空業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


航空業界 法律 アメリカ人

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング