南部に残る驚愕の常識 「酒は飲んでも飲まれるな」

南部に残る驚愕の常識 「酒は飲んでも飲まれるな」


 アーカンソー州にある我家では、アメリカの多くの家庭と同様、週末にはよくホームパーティーをする。こちらが招待をすれば、招待した方々から我家も招待されるので、よそのお宅にお邪魔する機会も多い。

 渡米して間もない頃のとある日曜日、「手土産に……」と思い、 旦那と二人で酒屋にワインを買いに出掛けたことがある。しかし、酒屋は閉まっていた。そこで旦那が、ふと何かに気がついたように、「もしかしたら、ここはドライ・カウンティーなのかも……」と言った。私には彼が何を言っているのか見当もつかなかった。

 彼も日本にしばらく住んでいたので、その時まですっかり忘れていたようなのだが、アメリカにはドライ・カウンティー、つまり「禁酒」な郡や地域があるのだ。カウンティー(郡/地域)によって法律は異なるが、お酒そのものの販売や、その郡へのお酒の持ち込み禁止という厳しいものから、オンラインで他州から購入することを禁止したり、日曜日だけ販売を禁止する地域もある。ドライ・カウンティーではレストランなどでも、全米チェーンの店ですらお酒を出さなかったり、出していても何杯迄という制限があったり、販売するお酒のパーセンテージに制限があったりするのだ。

 ドライ・カウンティー(禁酒郡)は全米に点在するが、そのほとんどが南部に集中しており、バイブルベルトと多くの地域が重なる特徴がある。想像に容易いと思うが、背景にあるのは、もちろん聖書だ。聖書には、とても簡単に言うと「酒は飲んでも、飲まれるな」という教えが多い。

 酒(ぶどう酒、いわゆるワイン)は聖書において、神様からのギフトとされている。伝道者の書9章7節では、「愉快にぶどう酒を飲め」とあり、それらの伝道者達やキリスト自身もぶどう酒を飲んでいた記述がある。当時は現在ように公衆衛生が行き届いておらず、水が必ずしも綺麗とは限らなかった昔の話、水を飲んで胃を悪くしたり、病気になったりした者には、水よりもぶどう酒を飲みなさいと言ったという話も聖書には登場する。

 もちろん、聖書は際限なくぶどう酒を勧めているわけではなく、それに伴う様々な警告もしている。酒に酔ってモラルを失う事、依存症への懸念……。要は神様からのギフトにもかかわらず、それを“乱用”し、問題を起こす事への嫌悪感、酒に関連したあらゆる問題を解決するために、 いくつかのキリスト教宗派やグループにより禁酒活動が行われ、それが「禁酒法」に発展したのだ。ちなみに、酒を飲んで理性を失って問題を起こす人や、健康を害する人、依存者等々の混乱があったために禁酒に対する運動が起こった1840年代のアメリカで、酒を密造酒製造、販売していたのは、かの有名な「アルカポネ」だ。

 時代と共に「禁酒法」は緩くなったが、まだ今もその名残でドライ・カウンティーが存在するのが現状だ。では、「ドライ・カウンティーでは全くお酒が飲めないのか?」というと、完全にそうという訳でもない。郡によっては、プライベートクラブとして登録していれば、そのクラブ内で会員が飲酒出来たり、規定のリカーライセンス(多種類のライセンスがある)があればアルコールの販売が出来たり、レストランで出すことができたりする。それらに関する法律は郡によって様々だ。ただ、いずれの場合も、公共の場での飲酒を禁止している地域は多いと言える。そういう地域では、たとえ自宅や友人宅でもフロントポーチ(玄関周辺)での飲酒や、ホテルの建物の外(敷地内)など人目につく屋外での飲酒、泥酔して道を歩く行為などは逮捕されてしまうので気をつけたい。特に旅行中は、その地域ならではの法律があることに気づかないことも多いので、南部を旅行する際には事前に調べるなど注意が必要だ。

 私が住むカウンティーもドライ(禁酒)なので、友人のお薦めワインをインターネットでカリフォルニアのナパから取り寄せようとしても、ライセンス・ナンバーが必要なので買うことができない。大きな酒屋に行き、取り寄せをお願いすれば購入できるが、そのコストが掛かるのが難点だ。

 酒も食べ物も神様からのギフトであり、生きているうちに飲んで食べて人生を楽しみたいものだが、酒は飲んでも飲まれるな。これは肝に銘じたい。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。