日本のTV番組がアメリカでヒット 「何も起きないのが、たまらない!」

日本のTV番組がアメリカでヒット 「何も起きないのが、たまらない!」

フジテレビがネットフリックスと共同制作したリアリティーTV番組「テラスハウス」が、アメリカでヒット中だ。しかも、ヒット最大の理由は「つまらないから」。荒々しくて騒々しいアメリカのリアリティー番組とは似ても似つかない日本のリアリティー番組が、アメリカ人にはとても新鮮なようだ。


 日本で2012年秋から2014年秋までフジテレビで放映されていた「テラスハウス」が、今、アメリカで話題を呼んでいる。映像ストリーミング配信会社大手のネットフリックス社が、昨年アメリカで「テラスハウス シーズン1」のストリーミング配信を開始したところ、直後は珍しもの好きな人たちの間だけで囁かれる程度だった。しかし、エピソードが進むごとに、ツイッターでのつぶやきが増え、各メディアの文化コラムでも取り上げられるようになり、今年5月には『ニューヨーク・タイムス』紙が、「テラスハウス」を推薦する記事を掲載。気づけば大ヒット番組に成長していた。

 アメリカのTVではゴールデンタイムを多くのリアリティー番組が占めるが、どの番組も出演者同士が大声で争ったり、酒に酔って暴れたり、泣きわめいたり、他人に酷いことを言ったり、激しく喧嘩するなど、視聴者のストレスレベルが上がってしまうような演出の番組ばかりだ。

 そんな中、日本の「テラスハウス」は、アメリカのリアリティー番組とはまったく異なる様相を見せ、アメリカの視聴者を虜にした。同番組はリアリティー番組の先駆けであるMTV「リアルワールド」のフォーマットに則り、「ひとつの大きな家に男女半々の6人が住み、毎日の生活の様子を視聴者が覗き見する」ものだが、アメリカの番組ほど、プロデューサー陣の意思が出演者の行動に反映されてないように見える自然な作りで、ひとつのエピソードを見ても「何もたいした事件が起きずにエピソードが終了」することもある。そのため、番組に寄せられる声やツイッターも、「こんな退屈な番組を作っていいのか? でも、なぜだか最後まで見てしまう」というものや、「平凡で単調な生活を見ていると心が癒される」、「静かな会話になごむ」、「寝る前に、つい毎回ボーッと見てしまう」などで、完全に「癒し系の番組」としての立ち位置を確立しているようだ。

 ヒットしたもうひとつの理由は、シーズン1は舞台が東京だったからだと言われている。出演者が番組内で口にする食事や、映り込む建築物などがアメリカの視聴者にとって非常に珍しかっただけでなく、その都市で暮らす日本人出演者たちの所作や習慣、他人との関わり方などが新鮮に映ったらしい。

 ほとんど事件らしい事件が起きないシーズン中、唯一起きた事件が「出演者のひとりが顧客から頂いた特別上等な肉を、本人の許可なく同居者たちが皆で食べてしまったこと」だったことも、アメリカの視聴者に微笑みを届けたと言われている。しかも「その事件」は、出演者たちがカメラの前で殴り合ったり、流血することなく、話し合いだけで問題を解決していく様子に感銘を受けた視聴者が多かったらしい(複数のメディアがこの件を記事で指摘している)。「この番組を通して、日本人は目の前のものよりも、何かもっと深いことを示唆して話すことや、相手に対する思いやりの見せ方が文化的に異なることなどを知ることができる」というような感想も寄せられている。

 番組制作者の意図はわからないが、「テラスハウス」のシーズン1は、海外の視聴者に対して「現代日本人の生活」を象徴するようなカルチュアル・インフルーエンスを持った存在になりつつある。しかし、アメリカのリアリティー番組と異なるところが人気でありながら、シーズン2の舞台は東京ではなく、ハワイ。今後、この番組のアメリカにおける立ち位置がどうなるのかに注目したい。

参考記事:Netflix’s Latest Hit Series Is a Boring, Soothing Japanese Reality Show
エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。