アメリカ人は北朝鮮がどこにあるか知らない?!

アメリカ人は北朝鮮がどこにあるか知らない?!


 米トランプ大統領と北朝鮮の金正恩政権間での口撃の応酬で、二国間を取り巻く情勢が緊迫している中、アメリカの一般市民の多くは「北朝鮮がどこにあるのかさえ知らない」という様子を捉えた街頭インタビュー映像が話題になっている。その映像はこちら

 この街頭インタビューは、人気深夜番組がロサンゼルス最大の観光地であるハリウッドを歩いていたアメリカ人を対象に実施したもので、質問は2つ。一つ目の質問は「北朝鮮が本当の脅威となった場合、アメリカは武力行使をするべきか?」で、大多数の回答が「イエス」だった。

 二つ目の質問では、世界地図を見せて「北朝鮮はどこか?」と聞いたところ、ほとんどの人が回答できなかった。中東やインド、ヨーロッパを指す人が多く、なかにはオーストラリアや、アメリカの隣国カナダを指す人もいた。

 この映像を見て「番組のやらせでは?」と思う読者も多いかも知れない。真相は制作者にしか分からないが、一般的な中間層と言われる人たちの多くは、アメリカ以外の国に興味がない傾向があることは否めない。また、アメリカの教育制度は公立校、私立校に加え、宗教団体が運営する学校、ホームスクールなど種類が多く、多民族国家で英語を母国語としない人口も多いため、教育格差が生まれやすい。そのため日本人にとっては「常識として知っていて当然」という知識が、アメリカでも同じであるとは言えないのである。そう考えれば、この街頭インタビューはまんざら嘘ではないだろう。

 ちなみに、「グアム島がアメリカとは知らなかった」というアメリカ人も多いらしく、ここ数日の英語でのグーグル検索における「グアム島」の一位は、「Where is Guam?(グアム島はどこ?)」である。

引用元:How Many American Know Where North Korea Is?
アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。