土星の衛星タイタンに生命体の可能性。地球生物誕生の謎も解明か? 

土星の衛星タイタンに生命体の可能性。地球生物誕生の謎も解明か? 


 宇宙の冷たい闇に浮かぶ生命のない惑星で、生きた有機体が突然生み出されるのは、どのような化学反応からなのか。これは科学上、最大の謎のひとつだが、米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が20年前に打ち上げた土星探査機「カッシーニ」から収集されたデータから、最近ある事実が発見された。

 天文系学術誌「アストロフィジカルジャーナル・レターズ」の発表によると、タイタンの大気中データから、地球外の太陽系で初めて複合有機化合物を生成中と思われる分子が見つかった。これまで有機化合物は隕石や彗星、宇宙塵の中にも発見されてきたが、それらは何百万年も昔にできたもので、どのように作られたかを知るすべがなかった。しかし、タイタンでは今まさにその化合物が作られているようなのだ。

 「炭素鎖陰イオン」と呼ばれるこの負帯電分子が、宇宙空間で見つかることはまれだという。しかし、これが存在するとなれば、単純分子と複合有機化合物の間をつなぐ決定的な「ミッシングリンク(失われた環)」になるかもしれない。地球での実験データでは、タイタンには生命の存在を示すアミノ酸もあるかもしれないと示されているが、現在の探査機「カッシーニ」にはその検知装備がない。

 負に帯電した分子が「触媒」となって、単純分子から複合有機体が形成されるというプロセスは、太陽系の外の分子雲でも、星々の死滅期の化学反応として観察されている。星間化学の分野では、そうやって分子雲でつくられた生物の成分が彗星によって地球に運ばれたのかもしれない、という説もある。しかし、今回の分子発見によって、生命発生のプロセスは地球上でも可能なものとわかった。タイタンの大気環境は、約25億年から40億年前の初期の地球に近いからである。

 また、かつて分子雲で起きたのと同じ化学反応が、タイタンでも起きているという事実は、このプロセスの普遍性を示している。もし他の環境でも同様の分子が見つかれば、より大きな有機体、さらにはアミノ酸も存在するかもしれないからだ。冥王星や、海王星の衛星トリトン、あるいは近年発見された何千もの太陽系外惑星はどうだろう、と生命発見の可能性は広がる。

 地球外生物そのものはまだ見つかっていないが、タイタンや彗星の複合有機分子の存在は、今回の発見は生命の起源の発見に確実に近づいていることを意味するものだ。この貴重なデータを採取した「カッシーニ」の20年にもわたる探査旅行の功績は非常に大きい。そのカッシーニは、今年9月、土星の大気圏への最終突入によってそのミッションを終える予定だ。

元記事:Saturn’s moon Titan may harbour simple life forms – and reveal how organisms first formed on Earth
NASAに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


宇宙 NASA

関連する投稿





NASAが“折り紙デザイン”を公募。7月27日より受付開始!

NASAが“折り紙デザイン”を公募。7月27日より受付開始!

元記事『Nasa needs you: space agency to crowdsource origami designs for shield』:https://goo.gl/K75VmG


NASAはまだ異星人を見つけていない

NASAはまだ異星人を見つけていない

元記事『No, NASA Hasn't Found Alien Life』:https://www.space.com/37312-nasa-alien-life-anonymous-video.html






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。