シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?

シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?


 世界中から優秀なエンジニアが集まるシリコンバレー。そこで働くエンジニアたちとは、どんな人達だろうか? 20年近く、この地でハードウエア・エンジニアをしている私の夫や、彼の同僚や友人を中心に、私が知り合ったシリコンバレーで働く多くのエンジニアたちの印象や特徴をお伝えしよう。

英語ができないことを馬鹿にしない

 シリコンバレーには世界の頭脳が集まっている。優秀な人たちが大勢いる場所だが、自分の英語が完璧でないことを馬鹿にされた経験は一度もない。むしろ私は、つたない英語を話していた当初から彼らとは話しやすいと感じていた。
 夫いわく、シリコンバレー・エンジニアは学生時代に相当の勉強をして、何事においても何かを習得することが容易でないことを知っているから、完璧でなくても英語を話そうとしていることに敬意を感じるそうだ。
 また、彼らは語彙も多く、頭の回転も速いせいか、話を聞いていて意味が分からなくても、違う単語に置き換えたり、言い方を変えて理解できるように努力をしてくれる。また政治・経済・海外事情・宗教など知識も豊富なので、話している相手の英語が流暢でなくても、「きっと、この話をしているのだろう」と素早く想像し、その場の会話をちゃんと成り立たせてくれる。また、外国人と話すことに慣れているため、インドのアクセント、中国のアクセント、もちろん日本のアクセントが強くても理解してくれる。

日本のことをよく知っている

 シリコンバレー・エンジニアは外国のことをよく知っている。Zen(禅)やMeditation(瞑想)に興味を持つ人が多いためなのか、出張で東京に行くことが多いからなのかは分からないが、びっくりするほど日本のことを良く知っている人が多い。日本は中国の一部とか、アジアはひとつの国だと思っているアメリカ人も少なくない中(参考:アメリカ人は北朝鮮がどこにあるか知らない?!)、シリコンバレーのエンジニアからは私の方が「アベノミクスについてどう思う?」、「Kurosawa監督の映画はどれが好き?」などと質問されてしまい、うまく答えられず焦ったこともある(笑)。

食べ物に好き嫌いがあまりない

 アメリカ人は食べ物の好き嫌いが多く、食べず嫌いが多いと言われているが、シリコンバレーでは、それは適用されないようだ。食べてはいけないものがあるヒンズー教やイスラム教などを信仰していたり、ベジタリアンではないエンジニアたちは、どんな国の食べ物も選り好みせずに食べる印象を受ける。
 外国人が多く在住しているので、シリコンバレーには様々な国の料理を出すレストランがあり、 GoogleやAppleのカフェテリア(社員食堂)のメニューも、インド料理、寿司、ペルシャ料理、メキシコ料理など多国籍だ。シリコンバレーではアジア人以外でも、ほとんどの人が箸をきちんと持てることに驚かされる。エンジニアたちは海外出張も多いため、出張先でも良い仕事をするためには、その国の食べ物を選り好みせず食べることも大切だそうだ。私の夫も海外との接点によって好き嫌いが克服できた一人だが、日本出張の際に日本の食事の量が彼にはあまりに少な過ぎて、空腹を満たすために嫌いな海老も食べざるを得ず、それがきっかけで海老嫌いを克服できたと言っている。

時間に正確

 エンジニアは常にデッドライン(納期)との闘いだ。スケジュールを守れる、きちっとした性格の人がエンジニアになるのか、プライベートでも時間に正確に行動する人が多いようだ。アメリカ人は時間にルーズだと言われるが、シリコンバレーのアメリカ人は日本人並みに時間に正確で、待ち合わせをして相手に待たされることはほとんどない。「電車が30分遅れても、遅れたうちに入らない」という時間に大らかなインド人たちも、シリコンバレーでは時間を守って行動している。

健康維持に努める

この記事の寄稿者

関連する投稿



人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」



アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?







アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。