アップル 米国で12日に新iPhone お披露目イベント開催

アップル 米国で12日に新iPhone お披露目イベント開催


 米アップル社が米国時間9月12日午前10時(日本時間13日午前2時)、カリフォルニア州シリコンバレーに作った新社屋「アップル・パーク」内のスティーブ・ジョブズ・シアターにて、メディアを中心に約6,000人を招待し、3種の新バージョンiPhoneとアップルTV、アップルウォッチのシリーズ3を披露すると発表した。進化を続けるiPhone史上、この10年間で最大のアップデートがされるはずだと噂されている。

 このイベントで同社はiPhone7とiPhone7プラスの新モデルと、ステンレス・スティールとガラスで作られた新しいプレミアム・モデルを発表すると見られている。新デザインには端から端までのOLEDスクリーン(有機ELディスプレイ)、3D顔認識センサーでロックを解除するシステムの搭載、以前より進化したカメラや、サービスが向上したアプリ・サポート、ホームボタンの代わりにジェスチャー・コントロールなどがついていると言われている。

 アップル社にとって、iPhoneは総売上の3分の2を占める最も重要な商品だ。IT専門調査会社IDCによると今年度四半期第1期におけるスマートフォン市場はサムソン社の23%に続き、アップル社が約15%だったため、今回のアップル社による複数の新モデルの発表イベントは、同社の市場巻き返しとなるのではと注目が集まっている。

引用元:Apple Sets Sept. 12 Launch Event to Debut Revamped iPhone
Appleに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」


アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?




ソフトウェアエンジニアに定年は無い?

ソフトウェアエンジニアに定年は無い?






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。