シャーロッツビルの差別主義先導者はオバマ支持者?

シャーロッツビルの差別主義先導者はオバマ支持者?


 左翼系の非営利団体、南部貧困法律センター(SPLC)は、バージニア州シャーロッツビルで行われた白人国家主義者集会をオーガナイズ主宰したジェイソン・ケスラー氏の経歴を調べたレポートを発表した。その中で、ケスラー氏は前オバマ大統領の元支持者で、アメリカの金融界に抗議して2011年から12年にかけて行われた「ウォール街を占拠せよ」運動に参加しており、白人国家主義者としての近年の活動は純粋な意図からではなく売名行為目的のように見える、とまとめた。極右系・白人至上主義によるオンラインメディア『ブライトバート』は同レポートをもとに、ケスラー氏が元左翼であり、オバマ大統領支持者であったと報じた。シャーロッツビル事件の責任は誰にあるのか? 

出典『Breitbart』
元記事:Charlottesville Racist Leader Was Former Occupy Activist, Obama Supporter - Breitbart

RED: ワイマール共和国アメリカ
“Weimar America”

 ドナルド・トランプの当選によって、アメリカの暴力的共産主義者、社会主義者、過激派は集団ヒステリーに陥った。その結果、これらの悪党たちによって引き起こされた暴力、騒動、破壊行為は、彼らの仲間である左翼の主流メディアによって公然と支持され、応援されている。歴史的観点からみると、彼らの暴力的な抗議行動には気がかりなパターンがある。おそらく2016年3月のドナルド・トランプのシカゴ政治集会が発端だ。左翼の悪党と扇動者がトランプ支持者を傷つけ、集会を邪魔するために、ヒラリー・クリントン陣営に雇われ、実際にその集会はキャンセルされた。このような政治的な暴力は、アメリカの民主主義に対しての脅威だ。ドナルド・トランプはアメリカ50州の広い範囲で指示をされ選出されたというのに、左翼主義者の暴力団どもは暴力をエスカレートするに至ったのだから。

 いわゆる「極右白人国家主義者とネオナチ」が起こしたシャーロッツビルの事件は、左派活動家としてよく知られたジェイソン・ケスラーが組織し、率いたものだということが明らかになった。これには、ナチ(NAZI)が国家社会主義ドイツ人労働者党の頭文字をとったものであるだけに、納得がいく。ナチは白人至上主義・オルトライトではない。彼らは最も左寄りの共産主義者の仲間だ。唯一の違いは、共産主義は基本的に国際社会主義者であり、ナチは国家社会主義者であることだ。もし、そうでないならば、彼らはどちらも完全なマルクス主義イデオロギーで、本質的には完全に左翼だということだ。ワイマール共和国が狂人の手に落ちたのは、ドイツの街を支配し無残な暴力行為を行った共産党の暴力団に対して無力を感じたドイツの民衆に大きくかかっている。秩序を激しく求めていた人々は、最終的にどんなツケが回ってくるかを理解しないまま、平和と繁栄を約束したリーダーの元に集まったのだ。

 アメリカの警官は、手遅れにならないうちにANTIFA(反ファシズム団体)のようなグループを直ちに取り締まる必要がある。リーダーを逮捕し、資金調達の源を調査し、こうした暴力団に物資を提供するものを起訴するために、RICO(The Racketeer Influenced and Corrupt Organizations Act)刑法を発動するべきだ。アメリカの街において、政治的暴力、脅し、残忍な破壊行動に対しての寛容はあり得ない。これらのグループは法を犯している。地域の役人や州知事は、法の施行を開始する必要がある。


BLUE:結論を求めた結果、ナンセンスがいっぱい
“A Lot of Nonsense in Search of a Conclusion”

 右派は、ジェイソン・ケスラーが彼らの一員ではないことにして、彼をスケープゴートにしようと躍起になっている。この記事は、シャーロッツビルの白人至上主義者たちが、選挙運動中のトランプと同じ格好をしたトランプ支持者たちであること、そして死者まで出したデモをトランプが翌日に非難すらしなかったことに彼らが励まされているという厄介な事実から、人々の注意をそらそうとしているだけだ。

 トーチを掲げた白人至上主義者の右翼集団をケスラーという男が組織したことを、左派のせいにしようとするのは、無責任な空想にすぎない。まるで、アメリカにおいては、みんなが働いている月曜日に皆既日食が起こったのは、バラク・オバマのせいだと言っているようなものだ。ブライトバートの記事はジャーナリズムにおいて最悪の記事とはどんなものかという、よい例だ。右翼の流行語をちりばめ、関連性のない事実と噂を寄せ集めただけのもの。ブライトバートが言う「ニュース」の多くがそうであるように、記事は主題から始まるが、それに対する支持的な議論もなければ、反論も結論もない。

 ケスラーは、「ウォール街の抗議デモには一度だけ参加したが、気に入らなかった」というのが事実であり、あの運動への彼の「関与」はその程度だ。この記事が同社のシニア・エディター(ベテラン編集者)によって書かれたと記載されているのも信じられない。大学一年の時に英語で合格点を取った人なら、こんなものを署名記事として出すのは恥ずかしいはずだ。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。