次世代継承として「投資」の道を息子たちと分かつこと

次世代継承として「投資」の道を息子たちと分かつこと


 投資の究極の目的は「時間を得ることだ」と確信した2017年の夏。「人生の夏休み」ということで、今、私は日本を旅している。多くの能の物語の題材にもなっている『平家物語』の舞台を巡っているのだが、これまで27年間、この旅をずっと夢見てきた。一の谷、壇ノ浦、八島、大原……。ゆかりの地に立つと、歴史を駆け巡った登場人物の息吹を感じることが出来る。すばらしい旅路である。

 歴史を学ぶのはたいへん興味深いことだ。先人が苦労して見つけ出し、系統立ててきたことの中には、大きな学びがある。その英知を享受し、私たちは現在の暮らしに大いに役立てることができる。何もない荒野に、あらかじめ道を作ってもらったようなものだ。後進や次世代は、その道を余計な苦労をすることなく歩んでいける。

 人生や家族と過ごす時間にも「小さな歴史」はある。息子たちには、簡単な料理、水泳、車の運転の仕方など、いろいろと教えてきたが、家庭のファイナンスについては、実はあまり教えてこなかった。私自身も、金銭に関してはあまり話さない家庭で育った。多くの親たちが、家庭の経済状況やプランを子供たちに伝えたり、正面切って話すことには躊躇があるのではないかと思うが、いかがだろう?

 私が「投資というものは、単に経済面を考えるだけでなく、人生そのものを考えることだ」ということに気づいてから、息子たちに世界の経済状態や家庭のファイナンスについて、腹を割って話し始めた。息子たちは成人に近い年になっていたが、私が投資に関して学んだ精神も技術も、彼らが望むだけ伝えていくことにした。ニュースを見て世界経済のことを話したり、彼らの将来の金銭的計画など話していくうちに、投資にも興味を持ってきたので、まずは社会経済の成り立ちからはじめ、「株式会社とはどういうしくみか?」、「株はどう買うのか?」など基本から徐々に教え、各自の口座を開いた。

 息子たちの若い頭脳は、新しいことをどんどん吸収し、投資技術の学び方に関しては、私より理解が速くて驚いた。もっと早く始めるべきだった、とも思うほど、息子たちは立派に習得していった。

 「投資」という言葉の意味は広い。繰り返しになるが、私の限られた人生の中で言うと、私が投資で最も得たいものは「時間」だった。それはある程度、獲得できた手ごたえがあるので、さらに「投資」という言葉の中に「次世代・人へ投資する」という意味も含めたいと思う。意見を自分なりにしっかり形作り、立派に成長していく若者を見て、私はこれからも、特に若い世代に経済をしっかりと教え、「人が人に投資する連鎖」を作っていきたいと思う。あらかじめ作られた道があるならば、それを示し、いたずらに迷い道に陥らないように導くのも、そのひとつだと思う。

 「お金」というものが世の中に登場した太古から、人々の暮らしの中で「ファイナンス」は避けて通れないものだろう。金銭をめぐり、人々が多くの失敗や辛酸をなめてきたのは、歴史でも自明の事実だ。特に世界情勢が不穏な昨今、内海から外洋にこぎ出したばかりの若者の「人生の船旅」は、経済に関する知識も技術にも裏打ちされて、安心して航海していけるものになって欲しい。

投資・株に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


投資・株 アメリカ人

関連する投稿






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。