独メルケル首相、「トランプ氏は米国大統領として尊敬されなければならない」

独メルケル首相、「トランプ氏は米国大統領として尊敬されなければならない」


 ドイツのメルケル首相は、反対派閥である独社会民主党(SPD)から、NATO加盟国の防衛出資を増やすように要求したトランプ大統領に抵抗するようにと圧力をかけられたが、それを拒んだ。トランプ大統領とは政策への意見の相違があるにしても、米国と強い関係を保ちたいというメルケル首相の姿勢の表れと見られている。  

 SPD党首のマーティン・シュルツ氏は、トランプ大統領を「ホワイトハウスの無責任な男」と批判しているが、それとは対照的にメルケル首相はドイツ最大の日刊経済紙『ハンデルスブラット』のインタビューに対し、「トランプ大統領は、アメリカの選挙法に基づいて当選したのであり、民意を元に選出された。彼の見解をいかに評価するかに関わらず、大統領として適切な敬意を示されるべきだ」と回答。トランプ大統領は厳しい選挙戦を乗り越えて勝利したのであり、簡単に「大統領の座」を手に入れたわけではないとの理解を示した。トランプ大統領の言動への内外からの批判が多い中、メルケル首相の発言は新鮮に聞こえるが、RedとBlueの見解はいかに?

出典 『ロイター通信』
元記事:Trump Must Be Respected As U.S. President, Says Germany's Merkel

RED: ドイツの首相は現実を認識している。これからはトランプの時代だ
“German Chancellor recognizes the reality. Trump is here to stay”

 アッラー、神、母なる自然、さらには子供たちが愛してやまない童話の妖精たちさえ、ドイツ首相のこの発言を称賛するだろう。メルケル首相はついに光明を見た。 彼女はドナルド・トランプが厳しい選挙で勝利したと言い、政治的な見解の違いにも関わらず、トランプ大統領は尊敬されるべきだと言っている。国際社会のステージにおいて、アメリカを無関心な傍観者にするよりも、同盟国にするほうがよいと気が付いたのだ。

 ヨーロッパは現在、移民問題と政治問題で岐路に立たされている。2018年にはイギリスが欧州連合から脱退することになっているし、欧州内で多発するテロリズムの問題も抱えている。このところイギリス、フランス、ドイツで起こっているイスラム過激派のテロ攻撃に直面して、さすがにメルケル首相も、テロリストと戦う上で、アメリカの諜報協力、軍事資源、経験がなくては大変な不利になることに気付いたのだろう。

 彼女は100万人以上のシリア難民をドイツ連邦共和国に受け入れるという決定を含め、ドイツにとって致命傷になりかねない舵取りをしている。これらの難民は多くの軽犯罪の原因となり、ドイツ市民に暴力を加え、性犯罪を起こすなど、社会的な害を生む一因にもなっている。だから私は、メルケル首相に万歳三唱を送る気にはなれないが、ささやかな拍手は送りと思う。半年たって、ついに彼女は民主的に選出された米国大統領に尊敬を示すことは、市民として当然であり、礼儀正しいことだと認識したのである。


BLUE:メルケル首相は世界がトランプを切り抜けられるよう願っているだけ
“Merkel Offers Hope That the World Will Survive Trump”

 ドイツは強力な国家であり、第二次世界大戦以来、米国との親密な関係を深めている。この友好関係は、両国が同盟関係にある世界の安定にとって重要であり、両国の貿易にとっても重要だ。

 メルケル首相はトランプを、忍耐強く、賢明に、プロフェッショナルに扱っている。一方でトランプは、自我とプライドにコントロールされて行動しているだけであることが明らかだ。他国の首脳がトランプを批判すると、彼は報復への子供じみた熱意をあらわにする。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。