フェイスブック、ロシアの偽アカウントから選挙絡みの広告1,100万円

フェイスブック、ロシアの偽アカウントから選挙絡みの広告1,100万円


 米フェイスブック社は6日、米大統領選に直結する2015年6月から2017年5月までの期間中に、ロシアが運用している可能性が高い偽アカウントから、約10万ドル(約1,100万円)に上る広告が出稿されていたことが判明したと発表した。

 それらの広告は大統領候補者の名前などは言及されていないものの、大統領選で論争を呼んだ「移民」、「人種」、「同性愛者の権利」など、世論が分かれる社会的・政治的なメッセージが含まれる内容だった。偽アカウントを運用した側の目的が、米大統領選前に政治論争を引き起こすことだったと見られている。

 同社はこの状況を、いわゆる「ロシアゲート」問題の調査を進めている上下両院の情報特別委員会に説明したが、これは昨年の米大統領選にロシアが積極的に関与したとする米情報機関の調査結果を裏付ける結果となった。

 これらの偽アカウントとページは同社が定める信頼性基準に抵触するとして既に閉鎖されている。

元記事:Thousands of Facebook Ads Tied to Bogus Russian Accounts
Facebookに関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。