米大リーグ野球、アップル・ウォッチで相手サインを盗むのはアリ?

米大リーグ野球、アップル・ウォッチで相手サインを盗むのはアリ?


 米大リーグ野球の人気チーム、ニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスの試合で、レッドソックス側が「アップル・ウォッチ」を使用して宿敵ヤンキースのサインを盗んだことで、大リーグ機構の調査が入ったことがニュースになった。

 試合のテレビ生中継をベンチ裏で見ながら、ヤンキースの捕手が投手へ出すサインで球種を判断したレッドソックスのビデオ分析担当者が、ベンチにいるトレーナーを介して、アップル・ウォッチで打者に球種を伝達。その証拠動画をヤンキースが大リーグ機構へ提出し、レッドソックス側もこの事実を認めている。

 大リーグ野球において、チームが一丸となって相手のサインを盗むことは試合の一部ともいえる不文律だが、それはユニフォームを着ている者たちが行う話。 テレビ中継の映像やビデオ分析室の機械、ハイテク・ウェアブル端末などを使用してサインを盗むなど言語道断との声が高く、大リーグ機構によりヤンキースには何らかの処分がくだされる予定だ。

 当事者のひとりであるレッドソックスの主将格、ペドロイヤ選手は「サインを盗むなんて中学生の頃からやっている。こんなことが全米ニュースになること自体がおかしい」と、まったく気にも掛けていない様子でコメントしている。

引用元:Red Sox Stole Signs From Yankees, Others Using Apple Watch
IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿



人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」



アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?







アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。