SNSにおけるスマート・シェアリング

SNSにおけるスマート・シェアリング


 「SNSで写真をシェアーしたり、コメントを投稿する前に、必ずひと呼吸おくこと」。これは、このコラムで繰り返し書いていることだが、ソーシャル・メディアに何かを掲載するということは、あなたが想定しているよりも大勢の人たちにそれが見られる、ということである。たとえ「プライバシー設定」にしていても、一度オンラインに掲載した写真やビデオ、文章などを自分ひとりで完全にコントロールすることは難しい。たとえそのコメントや写真を削除しても、自分が消したはずの投稿が他のサイトでは閲覧可能ということは十分あり得る。削除をする前に、誰かがそれをコンピューターにダウンロードしていれば、いくらでもそんなことは可能になる。だからこそ、投稿ボタンをクリックする前に、それが家族や友達、同僚、近所の人たちにシェアーされても問題ないものかどうかを考えるべきなのだ。

 自分以外の人が写っている写真をシェアーする場合も、その写真が公の場で公開されても、そこに写っている全員が構わないと思うか否かを考えてから投稿するべきだ。そして、それに迷ったときは「もしも、この写真が美術館に大きく飾られていたとしたら、それを見て自分や友達は恥ずかしいと思うだろうか?」と、自分に問うてみよう。もしも、この答えが「いいえ」であれば、その写真は公の場でシェアーしても問題ない写真だろう。

 仮にあなたのSNSのアカウントがビジネス用の場合、たとえばツイッターのプロフィールをあなたという職業人で作っているならば、仕事関係者たちがあなたに関する情報やサービス、考え方などを知ることができるので、検索エンジンのインデックス(索引)にあなたの投稿を記録させた方がよいだろう。

 しかし、個人的なアカウントの扱いには気をつけたい。たとえば飲み会やパーティーの写真は、会の参加者や友人にシェアーするのは楽しい思い出でも、世界中の人が見ることができるオンライン上に永遠にシェアーされる設定にはしない方がよい。フェイスブックの設定が「友達だけ」または「友達の友達まで」の場合はそうなるが、通常設定だとインデックスがつけられる。ツイッターもアカウントを完全にプライベート設定にしない限り、常にパブリックであり、検索が可能だ。

 インスタグラムのアカウントはグーグル上で索引され、シェアーした写真以外の基本プロフィール情報はそこにキャプチャーされる。インスタグラムはすべての写真に、検索エンジンでインデックスしないようにタグをつけている。しかし、そのタグを無視する複数の検索エンジンや、コンテンツ・シェアーリング・サイトも存在するので、インスタグラムに個人的な写真を掲載する際には、アカウント全体をプライベート設定に変更する方が安全だ。

 また、自分はプライベート設定にしているという安心感から、結果的に個人情報を無意識のままオンライン掲載している人も少なくない。たとえば、よくネット上で見かけるのが、新しいパスポートや社員証、学生証を手にした際に、それが嬉しくてその写真をシェアーしているケースだが、こうしたことも大変危険だ。ワクワクする気持ちが大きくて、ついシェアーしてしまったのだろうが、そこに映っているパスポート番号や入館証の番号が個人情報として盗まれてしまう可能性を考えるべきである。自宅の表札の前やマンションの入口で撮影した記念写真を掲載している人もいるが、そういう写真を探して拾っている輩やストーカーもオンライン上にはびこっている。トラブルを出来るだけ避けるためにも、掲載する写真の背景や手にしているものに問題がないか、写真をシェアーする前に確認してから投稿しよう。

 こういう話を聞くとインターネットと関わることが怖くなる人がいるかも知れないが、注意点さえ守れば、ソーシャル・メディアは誰もが安全に楽しめる便利なツールだ。だから、何をシェアーするか内容の選択だけはスマートに行おう。

SNSに関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。