1億4300万人の個人情報流出 米信用情報大手エクイファックス

1億4300万人の個人情報流出 米信用情報大手エクイファックス


 米信用情報機関大手エクイファックス社が7日、ハッカーに侵入され、米国在住の1億4,300万人もの顧客の個人情報が流出したことを公表した。そのうち約21万人分はクレジットカード番号、そして約18万人分の「その個人だと特定できる全情報」 が盗まれたため、 被害はかなり深刻だ。

 米信用情報機関のビッグスリーは同社、トランスユニオン社、エクスペリアン社で、エクイファックス社はその筆頭である。個人が新規でクレジットカードを作ったり、ローンを組む際に希望額に見合う経済力を所有しているか否かを格付けする信用情報データベースを運営管理しているため、個人の氏名、住所、生年月日、運転免許証番号、社会保障番号、クレジットカード番号など、あらゆる個人情報を持っているだけでなく、クレジットカードの決済履歴など個人の社会的信用にかかわるデータも所有している。

  同社の対応はお粗末で、ハッキングは今年の5月半ばから7月に起き、7月29日に同社はハッキングに気づいたにもかかわらず、9月7日まで顧客に事実を公表しなかった。しかも、同社のCFOを含む三人の重役が、問題発覚から数日後に180万ドル(1.95億円)の同社株式を売却しており、現在、証券取引規制の調査対象となっている。被害者数が膨大な上、一旦流出した個人情報は取り戻せないため、今後の対応が注目される。

引用元:Hackers Accessed 143 Million Americans' Social Security Numbers in Equifax Breach
IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。