トランプ大統領の護衛、簡易トイレのレンタルに約77万円も!

トランプ大統領の護衛、簡易トイレのレンタルに約77万円も!


 トランプ大統領とその家族は歴代大統領とは異なる行動をとるため、その護衛をするシークレットサービスにも多大な経費がかかっている。大統領は8月に、ホワイトハウスが改装工事の間、「ワーキング・バケーション」と称して約3週間、ニュージャージー州のゴルフクラブ・リゾートに滞在した。そこにはシークレットサービスも随行したが、インペリアル化粧室社の豪華な簡易トイレのレンタル費用7,100ドル(約77万円)、ゴルフをプレー中の大統領を護衛するためにレンタルしたゴルフカートの費用だけで13,500ドル(約146万円)と、それにかかった経費が注目を浴びる結果となった。

 共和党の動向を調査する民主党政治活動委員会「アメリカン・ブリッジ21世紀」のスポークスマンは、「納税者による何千ドルという税金が、ドナルド・トランプにかかると文字通りトイレに流される」と発言。ちなみに、現大統領のシークレットサービスは、就任から8カ月で既に年間予算を使っている。護衛に当たる1,000人以上の要員の残業代が何百時間分も未払い状態だ。支払いには米議会の承認を得る必要があるが、果たして議会がこれを必要経費として了承するのだろうか。

出典『USA TODAY』
元記事:Secret Service spent $7,100 renting luxury portable toilets for Trump's Bedminster trip

RED: 護衛の経費に愚痴をこぼす左派メディアにいいことを教えてやろう
“The Leftist media complain about $7,100 the Secret Service spent to protect the President. Well I have got some news for them.”

 『USA Today』紙のジェシカ・エステパ記者は、ホワイトハウスによる無駄遣いから学ぶことがたくさんあったようだ。左派メディアの記者は、7,100ドルをさも大層なことのように報道する前に、もっと勉強するべきだろう。この高級簡易トイレには、明確な目的がたくさんある。確かに値段は高いかもしれないが、これはシークレットサービスの要員が、どこに行っても大統領の保護に必要な仕事を効果的に遂行できるように、レンタルされたものだ。

 現大統領が税金を無駄遣いしていると言いたいなら、次のことを考えてみて欲しい。2013年オバマ大統領は、愛犬の「ボー」が家族と一緒に休暇を過ごせるようにと、米海兵隊に命じてMV-22オスプレイ攻撃ヘリコプターでワシントンDCからマーサズ・ビニヤード島まで運ばせた。そのときの国防総省のコストは、燃料、パイロット、メンテナンス等を含めて、1時間に付きざっと10,000ドルだ。ちなみに、MV-22は24人の海兵隊員を戦闘に運ぶように設計された軍用戦闘機で、それがオバマ家の犬のバケーション便として運用(あるいは誤用)されたのだ。ざっと見積もって往復で40,000ドルを米国財務省から浪費したことになる。なぜ1日$40ドルを払ってドッグシッターを雇わなかったのか? 私にとってはどうでもいいことだが、エステパ記者は、トランプについての苦情欄を設ける前に、記者としてバランスのとれた意見を述べるべきではないだろうか。


BLUE:トランプ大統領職:期日以前に予算超過
“The Trump Presidency: Over Budget, Ahead of Schedule”

 アメリカのシークレットサービス要員は、すでに長時間の勤務をして2017年分の全予算を使い切っている。1,000人以上の要員が何百時間もの超過労働に対して支払いを受けていないのは、一体なぜか? それは、トランプがホワイトハウスといくつもある彼のリゾート地とを、不必要に行ったり来たりしているからだ。

 大統領就任以来、トランプは自身が所有するリゾート地であるフロリダ州のマー・ア・ラゴに7回、ニュージャージーのゴルフクラブに5回も出掛けており、ニューヨーク、マンハッタンにあるトランプタワーにも何度も泊まっている。トランプが所有する施設はとても高価だが、シークレットサービス会社には予算が決められており、それを変更できるのは議会のみだ。それでも彼らはトランプの行く所へはどこへでも付いて行かなくてはならず、護衛が大統領と異なるホテルに泊まるわけにはいかないため、「トランプのホテルやリゾート施設」に宿泊し、トランプの会社にその料金を支払わなければならないのだ。そしてもちろん、その高額な支払いは、アメリカの労働者や企業が納めた税金から出ている。

 トランプは、彼のバケーションのために支払われた国民の税金によって、個人的にさらなる利益を得ている。豪華な簡易トイレを予算案に追加することは、国政を彼のビジネス同様に「予定よりも早く、予算以下で」執り行うとアメリカ国民に約束したトランプ大統領の、馬鹿ばかしく無駄な偽善の一例にすぎないのだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 メディア




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。