アメリカのビジネスシーンに学ぶ、記憶に残る自己紹介法

アメリカのビジネスシーンに学ぶ、記憶に残る自己紹介法


 あなたは、「お仕事は何をされていますか?」と聞かれたら、どんな風に答えているだろう? 「自己紹介」はどんなビジネスシーンでも必須だが、アメリカの起業家には常識となりつつある「記憶に残る自己紹介方法」についてご紹介したいと思う。

 まず、ビジネスシーンにおける自己紹介の仕方をほんの少し変えてみるだけで、ビジネスの可能性を格段に広げることができることを知って頂きたい。私は経営者や企業の営業チームなどに向けて、セールス戦略やマインド面を向上させ、サービスや商品の売り上げを倍以上に伸ばすためのサポートを提供している。クライアントから問い合わせが来る際、面識がない方からの場合は「自己紹介」のような文書を頂くことが多い。しかし、それらを目にして非常に残念に思うのは、頂いた文書では「何の仕事をしている人か、よくわからない」と思えるケースが多い点だ。

 アメリカに限らず、ビジネスで成功するには「具体的にどんなビジネスをしているのか」をハッキリと相手に伝えることが重要だ。自己紹介で自分のビジネス詳細が伝わりきらなければ、せっかくのチャンスを逃してしまうだろう。

 ビジネス・コンサルティングで、私が「ビジネス自己紹介文」を書くことを提案することが多いのはそのためだ。この作業をクライアントと始めると、似たような「避けるべき点」を見ることが出来る。以下は自己紹介にありがちな、避けるべき3つの「間違い」である。心当たりがある方は、是非これらを修正して頂きたい。

間違い1「自分が持っている役職や資格を強調してしまう」

 例えば、あなたが司法書士の資格を持っているとする。「私は司法書士です」と言っても、相手はあなたがどんな資格を持っているかには興味がなかったり、司法書士とは具体的にどんなことをする人なのか想像がつかない人も少なくない。また、「XX会社の部長です」と言っても、具体的に何をする役職かを説明しなければ、相手にあなたの仕事は伝わらない。

間違い2「仕事のプロセスを説明してしまう」

「私は鍼灸師です。人間の体には経路という、いわゆる気が流れる道のようなものがありまして、その気の流れを針を用いて促すことで……」
私は○○をXXして、△△を作っています。
私は △△を提供するために○○をXXしています。
などと、仕事のプロセスを説明するが、人々が知りたいのはプロセスではなく、あなたのサービスや商品がもたらす効果である。

間違い3「難し過ぎて 伝わらない」

 情熱をもって仕事に取り組む様子が伝わる丁寧な説明をしても、そこで難しい専門用語を使ってしまう。特にスマートな男性に多いケースで、専門的なビジネス内容は、その分野に明るくない人が聞いても分からない。「なんのことやら……」と思われたり、「難しくて自分には縁が無い世界だ」となってしまう。その分野が専門でない人でもわかる言い方で(中学生でもわかる言葉を使って)説明するべきである。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


ビジネス ビジネス・スキル

関連する投稿



投資の話題もまずはスモールトークから

投資の話題もまずはスモールトークから




「職場の飲み会」は業務時間にやる?

「職場の飲み会」は業務時間にやる?






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。