最新! アメリカでの日本マンガ&ゲーム事情

最新! アメリカでの日本マンガ&ゲーム事情


 「日本のマンガやゲームは、世界での市民権を得ている」と言われるようになったが、アメリカでも日本のマンガとゲームは市場に浸透し、その地位は着実に確立されつつある。ロサンゼルスの「Anime Expo」にはじまり、ワシントンD.C.の「アニメUSA」、ニューヨークの「Anime NYC」など、各州に必ずひとつはあるといわれる大型イベントを筆頭に、ゲームやマンガ絡みのコンベンション(俗にいうコミケ)は小さな規模も含めれば全米に500近くあるとも言われる。その会場で、スパイダーマンなどで有名なアメリカのアニメ大手「マーベル」と肩を並べる主役は、日本発のものだ。

 BizSeeds編集部のあるシアトルでも、年に一回「SAKURA-CON」というコンベンションが開催されている。1998年には動員数がたった313人だったイベントが年々成長を遂げ、今や毎年2万人以上を集客するまでになった。SAKURA-CON当日は、シアトルの街中にセーラームーンやワンピース、エヴァンゲリオン、バイオハザード、ポケモンにドラゴンボールと、コスプレ族たちで溢れかえる。そういう格好の集団がバスやフェリーなどの公共交通機関を占拠する様子は、もはやシアトル初夏の「風物詩」と言った調子だ。

 権利売買という視点でみても、日本のコンテンツは元気がよい。今年も日本の人気漫画『攻殻機動隊』の実写版、『Ghost in the Shell』が公開されたばかりだが、ハリウッドでも日本のマンガは無視できない存在だ。つい最近も、ワーナー・ブラザーズがハリウッド版『進撃の巨人』を制作する権利を獲得したのではということが、話題になったばかり。来年には『タイタニック』で有名なジェームス・キャメロンが脚本を手掛け、『フォレストガンプ』のロバート・ゼメキスが監督を務める『銃夢』の実写版、『Alita: Battle Angel』も公開が決定している。

 このような流れを支えるひとつが、『OTAKU USA MAGAZINE』という雑誌である。アメリカでは、どこの書店にいっても置かれている人気の隔月雑誌だ。日本のマンガ、ゲーム、ポップカルチャーを知るための必須媒体ともいうべきこの雑誌の編集部は、米東部バージニア州にある。発行部数を電話で問い合わせたところ、実数は教えてはもらえなかったが、購読者層はここ3年ほど、毎年倍増しているそうで、アメリカやカナダだけでなく、世界の英語圏全域に読者がいると自信満々な様子だった。その際、「あなたが注目している日本のアニメで、次にアメリカで流行るものは何だと思うか?」と質問したところ、30分近くも熱弁を振るわれたが、そのスタッフ編集者が、「これぞ、イチ押し!」だと選んだマンガは、佐野菜見氏の『坂本ですが?』(アメリカ版タイトルは”Haven't You Heard? I'm Sakamoto”)だった。

坂本ですが? 1 (HARTA COMIX)

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。