Appleの秘密主義に迫る!

Appleの秘密主義に迫る!


 去る9月13日に発表された新iPhone情報。そのニュースを目にしたBizSeeds読者も大勢いるのではないだろうか。なぜ、Apple製品はこんなにも世界中の人々から注目され続けているのか。こうしたインパクトある製品発表が可能になる背景には、Appleの「秘密主義」も大きく関係している。Appleやその社員は、どうやって一般に公開されるまで新製品の秘密を守っているのか? その秘密にまつわるあれこれを、友人のAppleの社員にインタビューし、今回フォーカスをしてみた。

社内でも秘密

 Apple社員は、たとえ家族や友人であっても、自分のプロジェクトの話は絶対にしないし、同じ部署の人間にも自分と違うプロジェクトの社員には、自分の仕事内容を洩らしてはいけない。そんなに秘密主義だと仕事をしづらく感じそうだが、プロジェクトごとに、社員はNDA(Non-disclosure agreement/情報公開をしないという同意書)に必ずサインをしなければならない。NDAにはプロジェクトに関わっている社員の名前がリストアップされており、誰が何の情報を持っていて、誰に何を話せばいいのかが明確なため、仕事の効率が良いそうだ。あまり社交的とは言えないApple社に勤める私の友人は、NDAのお陰で、「無駄にコミュニケーションを取る必要がないので、ありがたい」そうだ(笑)。

秘密を守るためのレクチャーが……?!

 Appleには業務内容をリークしないためのレクチャーがあるそうなのだが、今年6月には、そのレクチャーが盗聴されて、それがインターネットでリークされた事件がおき、Apple社員の笑いのネタとなっている。
An Internal Apple Presentation on How to Stop Leaks was Leaked

Apple社員の情報源

 Apple社員は自分の関わっているプロジェクトのことが分かっていても、新製品全体の情報を知ることができない。そのため、Apple製品の噂やリークした情報を掲載しているウェブサイトで、新製品情報をチェックしている人が多い。なかでも、社員がより情報が正確と一目置いているウェブサイトは9 to 5 MACだそうだ。

Appleの重役はリークのターゲット!

 AppleのCEOティム・クックがツイートした自身の写真から、「彼のポケットに入っているスマートフォンは、従来のスマートフォンより大きい! 未発表の新製品に違いない!」と確信する人が続出。ティム・クックの身長から、彼のポケットに入っているスマートフォンのサイズを導き出して、新製品のサイズを予想する熱狂的なAppleファンがたくさんいるというのには驚きだ。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


Apple セキュリティ IT業界




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。