アメリカ人のジョーク

アメリカ人のジョーク


 アメリカ人との会話の中でいつも感心することは、ジョークをシリアスな場面でも使いこなす話術である。例えばアメリカ人の医師は、大きな手術中でもジョークを言う。それが患者の緊張を解くからだ。

 アメリカ人が使うジョークは、日本人からみると皮肉(sarcasm)に聞こえ、傷つく類のものが多いのだが、それこそがアメリカ流であり、文化でもある。アメリカのジョークは、日本人による冗談や漫才、お笑いのネタとは全く異なる種類のものだ。実際、過去に日本人のお笑い芸人が英語で漫才のネタをハリウッドで公演したが、全く受けなかった。

 では、アメリカ人に受けるジョークとは、どういうものか? たとえば下記のように、シリアスな会話にもジョークのエッセンスを入れ込んで打ち明けるなどは一般的な例のひとつだろう。

妻「あなた、今日は良いニュースと悪いニュースの2つあるの。どっちを先に聞きたい?」
夫「そうだなあ、やっぱり、いいニュースだな」
妻「あなたの車のエアーバックは、正常に動作したわよ」

 上記はアメリカの文化同様にダイレクトでありつつ、皮肉的な言い回しを使って何があったのかを相手に伝えようとしている。もし、上記の会話を日本人が伝える場合は、妻は夫に、夫が大事にしている車で事故を起こしてしまったことを涙ながらに伝えて、誠心誠意で謝るのが一般的かもしれないが、切り返しが早いアメリカ人は、同じことを伝えるにも、どこかに笑いが残るユーモアを入れるのである。

 これをアメリカ人は、センス・オブ・ユーモア(Sense of humor)というが、どんな会話にもユーモアのセンスを上手く入れることは、アメリカ文化なのだ。この背景を理解した上で、自分でジョークを考えて、それを会話に活かしてアメリカ人を笑わせることができたら、立派な英語の達人だと言えるだろう。ここで大切になることは英語力そのものよりも、アメリカ人の「笑いのつぼ」にうまく入ることだ。これは訓練するというより、慣れだと思う。普段からコメンテーターが紹介するアメリカの政治ニュースやミュージカル、コメディー・ショーなどを見ておくと、この感覚がだんだんわかってくるだろう。

 アメリカ人がジョーク好きと言っても、それが行き過ぎるものであれば、当然相手を怒らせるきっかけにもなるので注意が必要だ。そのためには、皮肉を効かせていながらも、単純かつ「前向きな見解に至る内容」のジョークを常にいくつか準備しておくとよいだろう。つまり、たとえジョーク話の設定がなんであれ、そのジョークの最後のオチがポジティブな気持ちになるものであれば良いのである。
  ちなみに、私が教えてもらったアメリカン・ジョークのひとつに、こんな話がある。

 レストランでウエイトレスが熱いスープを客に運んでいた際に、そのスープの中にウエイトレスの指が入ってしまったのを見た客が、「君の指が僕のスープの中に入っていたぞ」と、クレームをつけた。すると、そのウエイトレスはこう言った。「あら、大丈夫よ。私はやけどしてないから」。

 これを聞いて客もウエイトレスも笑い飛ばして終わるのだが、このジョークに「どうしてそこまで笑うのか?」というほどアメリカ人は笑う。こういう前向きに捉えられるようなユーモアを発見して自分の英会話術に組み込み、アメリカ人を相手にさらっとジョークを言えるビジネスマン&ビジネスウーマンでありたいものである。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。