共和党、民主党のオバマケア廃案採決へ向けて再プッシュ

共和党、民主党のオバマケア廃案採決へ向けて再プッシュ


 アメリカの政府が取り組まなければならないのは、国の男女、子供すべての健康管理である。ヘルスケアはきれいな水、食料、空気と同じく、人権として捉えられるべきだ。米国は先進国の中で唯一国民健康保険のない国だが、共和党は、誰が、何のために、いつ医者にかかることができるのかというルールを定めたいと考えている。共和党はテレビ番組を作って、誰が生きて、誰が死ぬのかを抽選発表し、番組放映権を売って政府の予算のバランスをとるようにするかもしれない。新案を推す共和党にしてみれば、出場者の3分の1が死んでも気にしないのだろうが、国民はそうはいかない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

オバマ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


オバマ大統領 健康保険




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。