ラスベガスでカジノ産業を支える日本企業とは?

ラスベガスでカジノ産業を支える日本企業とは?


 カジノのゲームには、ゲストを飽きさせない様々な種類があるが、なかでも取り分け人気が高いのがスロットなどのマシンゲームだ。ネバダ大学の調査チームによると、1984年から2016年までの間で、ネバダ州におけるスロットの収益は、テーブルゲームの収益の倍にも及び、今後もカジノのスロットマシンによる利益は上がり続ける見込みだという。

 なかでも特に人気なのが、3つのメーカーによって製造されるスロットゲームだ。年30億ドル以上の収益を誇るIGT (International Game Technology)社や、Scientific Games社に続き、特に分かりやすいグラフィックと華やかな演出で人気なのが、日本のKONAMI製のスロットである。KONAMIは、スーパーコブラやダンスダンス・レボリューション、パワプロ等々のヒット作を生み出してきた、言わずと知れた日本を代表するゲームメーカーだ。

 ラスベガスにKONAMIの事務所があることを初めて知ったのは、就職先としてカジノ関連機器会社を、ネット求人情報専門サイトIndeedで検索していた時のことだった。検索結果に「カジノゲームマシン・エンジニア」の募集があり、その募集記事を掲載していたのが見覚えある社名、KONAMIだった。KONAMIのカジノ事業には20年以上の歴史があり、ラスベガスでスロットマシンの大きなシェアー率を誇っていることを知ったのは、さらにそれからだいぶ後になってからだった。

 昨今のテクノロジー化の進展により、新しい「エンターテイメント性」を常に求められるカジノ業界。KONAMIのスロットは唯一無二のゲーム会社として、長い歴史の中で培われてきた強みをもとに、ここラスベガスで大切な役割を担っているのである。

 去年、ラスベガスにあるスロット製作会社にデザイナーとして就職した知人曰く、今ラスベガスでは、従来は「運任せ」であったスロットから、実際に遊ぶ人のテクニックによって勝負が左右する、いわゆるアーケード・ゲームに近い形のカジノゲームの開発に力を入れているそうだ。

 ラスベガスが位置するネバダ州では2015年に、そのアーケード・スタイル・スロットの導入が合法化された。これから先、友達同士で獲得額をシェアーして競い合えるようにしたり、VR技術を活用したスロットなど、30歳以下の新たなゲスト層の獲得に向け、他にも様々なカジノゲームが登場してくることだろう。時代と共に、ラスベガスは進化を続けていく。

(追記)
ラスベガスで10月1日に起きた無差別銃撃事件で多くの尊い命が失われました。犠牲になった方々へのご冥福と、またそのご家族に心よりお悔やみを申し上げます。
地元警察やFBIの捜査が続く中、地元の病院では負傷者治療に必要な血液確保のためにたくさんの人たちが朝から晩まで長蛇の列をつくり、献血を行ないました。
キラキラと輝くラスベガスという美しい街が、元気な姿でまたすぐ戻ってきますように。

ラスベガスに関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。