NFLトム・ブレイディ選手「国歌演奏中の行動はチームメイトへの愛」

NFLトム・ブレイディ選手「国歌演奏中の行動はチームメイトへの愛」


 NFL(米ナショナル・フットボール・リーグ)の人気チーム、サンフランシスコ・フォーティナイナーズのクォーターバックだったキャパーニック選手が、昨夏、人種差別に対する抗議として、試合開始前の国歌演奏中に起立せず膝をつくという行動を始めて以来、それがNFLで徐々に広まった。ところが先月22日、トランプ大統領がアラバマ州の集会で「(膝をついた)選手たちをクビにしろ!」と発言したことから、それに反発してNFLの多くのチームの間で抗議行動が爆発的に広がった。先月25日のニューイングランド・ペイトリオッツ対ヒューストン・テキサンズ戦では、ペイトリオッツの選手16人が膝を付き、国民的なスターでトランプ大統領とも親交のあるトム・ブレイディ選手が、起立したままだがチームメイトと腕を組んだ。ブレイディ選手は、「チームメイトと対戦相手に対して愛と敬意を示すための行動だ」とコメント。NFL選手の多くが黒人であることから、トランプ大統領は「黒人の平和的抗議行動には強く反対するが、白人至上主義者やKKKの暴力行為には何も言わない」という批判の声もメディアから上がっている。RedとBlueはこうした動きをどう分析するのか。

出典『Boston Herald』
引用元:Tom Brady says anthem decision was about showing love for teammates

RED: アメリカの左翼はNFLと共に国の文化と歴史を破壊している
“Leftists in America are destroying the culture and history of a nation, along with the National Football League as well”

 この話はあまりにもバカバカしいため、アメリカ以外の国では、これが報道されるという愚かさは理解できないだろう。この国のリベラルと左翼はバカだ。彼らがアメリカは差別の国だという主な理由は、かつて南北戦争前の南部で奴隷制度が合法だったという事実からだが、奴隷制度は米国では150年以上も前に憎むべき制度として廃止されている。

 さて、ナショナル・フットボール・リーグ開幕では、総勢で約100人のプロ・フットボール選手が、アメリカが未だに人種差別の国だからという理由で国歌演奏中に起立しないことを決めた。しかし、米国憲法修正第14条(1868年)には、いかなる市民もその肌の色によって異なる扱いを受けてはならないとうたわれている。南北戦争(1895年に奴隷制度を終結させた)において36万人もの連合軍人が命を落とし、その結果、この国ではすべての人が自由に生きることができるようになったのだ。

 みんな自分が信じたいことを信じたらいい。しかし、国歌演奏中に起立するのは人種差別ではない。それは礼儀正しい敬意の表明だ。仲間への尊重、アメリカの国旗への尊重、世界の人々を代表する自由への尊重だ。しかし、これらの愚か者たちが国歌演奏中に膝をつくのをやめて静かに起立すべき最も重要な理由は、彼ら自身への尊重のためである。


BLUE:フットボール選手はトランプよりもアメリカ人らしい
“Football Players Are More American Than Trump”

 アメリカの価値観の真髄のひとつは自由だ。言論の自由は、米国憲法によって保証されている。そして保守派たちは、他の全てのアメリカ人と同じだけ言論の自由を高く評価している。

 ところが保守系ウェブサイトは「政治的正当性」に関して始終不平を述べている。彼らは特定の言葉に対して「無礼だ」と言われることをとても嫌う。女性や白人以外の少数派の人々を差別から守るルールは「不公平だ」と苦情を言うのである。何をすべきか、何を言うべきかについて、保守派が他から指図されたくないのは明白だ。

 「アメリカは何かが間違っている」と言って、トランプは大統領に選ばれた。しかし、フットボール選手たちが「アメリカは何かが間違っている」と、国歌演奏中に抗議の姿勢を示したら、保守派は彼らに国から出て行けと言う。しかし待ってくれ、保守派たち自身が、表現の自由の権利があると大声で言っているではないか? 

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。