読書の秋に問題勃発! 人気児童書は人種差別のプロパガンダか?

読書の秋に問題勃発! 人気児童書は人種差別のプロパガンダか?


 ここアメリカでも、この季節は「読書の秋」。アメリカの学校は通常9月に新年度がスタートするが、子供たちが最初に取り組む課題のひとつが「読書」だ。9月6日には「National Read a Book Day」という国をあげて読書を推奨する日もあり、それに合わせて学校や地域の図書館は様々なイベントを組む。

 ところが今年は、この「National Read a Book Day」をめぐり、問題が勃発した。事の発端は、メラニア・トランプ大統領夫人が、マサチューセッツ州の小学校に『Dr. Seuss』という絵本シリーズをプレゼントしたことだ。

 メラニア夫人が本を贈ったケンブリッジポート小学校は、優れた教育指導を行うことで知られており、過去に何度も様々な賞を受賞している名門校である。夫人は学校の教育指導を讃える丁寧な手紙を添えて、「是非、学校の図書室に」と、本をプレゼントしたのだが、なんと同校の司書担当教員が本の受け取りを拒否したのだ。

 拒否の理由は、すでに同校の蔵書は十分であること。そして、この本の主人公が「人種差別主義のサルであり、差別を肯定するプロパガンダだから」という理由だった。日本でも翻訳本が出版されているので、この本を知っている読者も多いと思われるが、アメリカでは『Dr. Seuss』を知らない子供はいないと言われるほど人気の高い児童書だ。この本を読んで、「人種差別の本」だと解釈した人は、限りなく少ないだろう。

 同司書はこの見解を学校のブログで公開した上で、メラニア夫人に対して「あなたには指先ひとつで優れた人たちにアクセスできる権限もある。良い本を選択したいのなら、近所に議会の図書委員とトップ、ヘイデン博士がいるので、彼に相談して助言をもらった方がいい」と書いた。当然これは騒ぎとなり、メディアが大きく取り上げる事態となった。

 同校を管轄するケンブリッジ学校区は、「教員たちの思想志向や活動関与は問題にすべきものではないが、学区が管理する公のブログ上での発言は、学区の見解として出されるべきものである。今回の発言は個人的な政治見解であり、学区としてはその発言を承認していない」と述べている。

 実はこの本のシリーズは、国民の人気の高かったミシェル・オバマ前大統領夫人も夫の在任中に、ファースト・レディの社会活動の一環として、好んで子供たちへの読み聞かせなどに使っていた。保守系メディアがこの事実を取り上げ、「Dr. Seussが人種差別主義で、メラニア夫人がそれに気づかない配慮に欠けるファースト・レディならば、オバマ夫人も同等だ」と騒いだために、ことはさらに悪化。複数のリベラル派メディアもこれに応戦し、「オバマ夫人の名前をここで取り上げるのは筋違い。彼女こそ、マイノリティーのために戦った英雄だ」と反撃している。

 BizSeedsが編集部を置くシアトル市は、リベラル支持が基盤のワシントン州にあるが、同州ポート・タウンゼント市の図書館で長年にわたり司書を務めるアンダーソン氏は、「こんなバカげた話は聞いたことはない」と、ため息交じりで編集部の取材に応じた。

 この問題が明るみに出て以来、トランプ政権への嫌悪感を持つ過激なリベラル派たちの一部が、Dr. Seussを図書館から完全撤廃すべきだと訴える行動に出ているという。同氏はこうした訴えにも対応しなければならず、「昨年の大統領選挙以降、過激なリベラル派と過激な保守派たちは、ことあるごとに対立し続けているが、暴れているのは“超”がつく極端な人たちだけだ」と、事態に呆れていた。

 アンダーソン氏は、「Dr. Seussは、アメリカの子供たちの誰もが愛する物語だ。キャラクターが白い顔をしたサルだとか、卵が緑とか、そういう理由でこの物語を人種差別だと言うのは、単なる言いがかりだ。私もトランプ大統領には賛成しかねる部分は大いにあるが、本の贈呈は政治には関係ない。大統領夫人がもしも、この図書館に本を贈ってくれたら、きっと有難くその気持ちに感謝するだろう」と話している。

 秋は、落ち着いて読書をするには最適の季節だが、この事態が落ち着くには、まだまだ時間がかかりそうだ。

引用元:Melania Trump's book donation gets rejected
差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

日本、欧州、そしてアメリカを舞台にグローバルな視点でビジネスを展開する著者が、日本人がアメリカで勝負するために不可欠な常識をお伝えする倉地愛の『アメリカ起業指南』。相手の顔色を伺い過ぎる傾向がある日本人ビジネスマン。アメリカの商談で気にするべき箇所は、そこではない!


【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、話題に事欠かないトランプ大統領の「大統領としての振る舞い」がなっていないと批判する米メディアの記事について。


アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

 壮大なグランド・ステアケース・エスカランテ国定公園と、ベアーズ・イヤーズ国定公園は唯一無二の自然の宝庫。しかし、鉱山開発を推進するトランプ大統領は保護を辞めると決定。そこに、パタゴニアが立ち上がった!


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング