NASAが発表 35億年前に月は大気に覆われていた

NASAが発表 35億年前に月は大気に覆われていた


 米航空宇宙局(NASA)の研究チームが、約35億年前には月は大気に覆われていたとする分析結果をまとめた論文を専門誌に発表し、多くの科学者たちをはじめ、世界中の人々を驚かせている。

 月のデータを分析した同研究チームは、月にも地球に似た大気が一時的にあったのではないかと見ている。アポロ計画で採取した試料データや、月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」の観測結果などから噴出したガスの組成や量などを推計したところ、火山活動が最も盛んだった約35億年前には、一酸化炭素や水蒸気などからなる大気が、最大100キロの厚さで表面を覆っていたと結論づけた。

 研究チームの論文はこちら

 火山活動で噴き出した大量の水蒸気などが、約7千万年にわたり表面を覆ったとみられており、大気圧は現在の地球の約100分の1で、火星の約2倍。その後、ガスの発生が収まり、現在のような表面になったという。月面の火山活動で噴出した水蒸気の 多くは宇宙空間に失われたが、一部は太陽光が届かない極地などに残っているとみられ、将来の有人探査で資源として活用が期待されている。

 私たちの知る宇宙とは、宇宙のほんの一部でしかないのだろう。これまでの定説が覆されるいくつもの「真実」が、まだまだ宇宙にはありそうだ。

引用元:New NASA Study Shows Moon Once Had an Atmosphere
NASAに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


NASA 宇宙




最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング